« 第33回 アメリカズカップ プロトコル発表 | トップページ | 各チーム、スポンサーの動向 »

2007年7月14日 (土)

ラッセル・クーツの動向

第32回大会でアリンギが王手をかけたころ、クーツはバタワースらアリンギに残った昔からのNZメンバーを引き連れて、ラリー・エリソン率いるBMWオラクルに加入するだろうとの噂が広がりました。
が、カップ防衛早々バタワースは「ラッセルともう一度一緒に仕事をしてみたい気はあるが、私がアリンギを離れることもなければ、ラッセルがアリンギに戻ることもない」と否定。
だって、バタワースにしてみれば今更クールの影に隠れることないですもんね・・・

なにしろ、ラリー・エリソンはフォーブスの世界長者番付2007年版で11位(資産2兆5800億円)です。一方アリンギのオーナー、エルネスト・ベルタレリは76位(資産1兆560億円)。

超大富豪同士の引き抜き合戦になってます。

しかし、アリンギとBMWオラクルは、この4年間それぞれのチームに200~300億をつぎ込んだといわれてますが、この人らにとっては"はした金"ですね・・・

|

« 第33回 アメリカズカップ プロトコル発表 | トップページ | 各チーム、スポンサーの動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッセル・クーツの動向:

« 第33回 アメリカズカップ プロトコル発表 | トップページ | 各チーム、スポンサーの動向 »