« 加速する駆け引き③ | トップページ | ギリギリの交渉 »

2007年10月21日 (日)

加速する駆け引き④

ほぼ2ヶ月ぶりの情報アップデートです!

まず、GGYC(BMWオラクル)の提訴を受けて、ニューヨーク州最高裁判所は、アメリカ東部標準時間の10月22日(月)に最初の審議を開催することを決定しています。これに対し、SNG/ACM(アリンギ)側もGGYC側も法廷での決着を避けるため、ギリギリまで交渉が継続されていました。

まず、元来旧友同士であるブラッド・バタワースとラッセル・クーツが協議を重ねた結果、9月20日にはSNG/AMCが第33回大会開催要項(プロトコル)の修正を発表します。(http://33rd.americascup.com/en/index.php?idContent=20&idPage=1)

これは、当初発表されたプロトコルに、大会上問題が発生したとき裁定を下す調停委員会(Arbitration Panel)のメンバーを、ACMの裁量において決定・変更可能であると規定されていることに対しGGYCが抗議していたことを受けて、SNG/ACM側が譲歩したものとなっていました。

しかし、GGYCが同時に抗議していたCNEV(デサフィオ・エスパニョール)の挑戦者代表としての資格の合法性等については、一切言及されていませんでした。よって、GGYCはこの修正による交渉妥結を拒否します。

(つづきは後ほど・・)

|

« 加速する駆け引き③ | トップページ | ギリギリの交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加速する駆け引き④:

« 加速する駆け引き③ | トップページ | ギリギリの交渉 »