« BMWオラクルのトリマラン登場! | トップページ | アリンギの新発表 »

2008年9月30日 (火)

DoGZilla到着!

以前Mixiのトピでも指摘されていましたが、アメリカズカップって現代スポーツとしては珍しく、恒常的な運営組織(サッカーで言うFIFA、F1でいうFOM等々)がないんですね。結局150年前の贈与証書に準拠した、ヨットクラブ間の国際交流レースでしかありません。

それを、ACMという組織を通して一気に近代スポーツへ移行させようというのがベルタレリの思惑なのでしょうが、肝心のルール作りが余りに一方的(カップ保持者=アリンギに有利)であった為、問題がここまで大きくなってしまったのだと思います。

バレンシアセーリングによれば、9/27にサンフランシスコにて、エルネスト・ベルタレリとラリー・エリソンが"ポジティブ"な会合を持ったとのことです。

アリンギによれば、現状に対する打開策が協議され、出来るだけ早く競技を水上へ戻すことでは同意したが、具体的な結論には至らなかったそうです。またオラクルも、会合は誠実なものであり、今後も協議を継続するとのコメントを発表しています。

http://valenciasailing.blogspot.com/

さて、オラクルの"DoGZilla"ですが、サンディエゴへ到着したので、早速見てきました。

ダウンタウンのコンベンションセンター近くに簡易ベースが設営され、マストを分解した状態でおかれていました。黒色の部分はカーボンむき出しで、何ともいえない輝きを放っています。やはり"機能美"ですね。早く走り出さないかなぁ~。

現地では、エリソンは本当の所、この船でトランスパシフィックレースに出るつもりだという噂が流れていますが、どうなんでしょう???
外洋帆走に耐えられるのかなぁ??

Dsc00489b

Dsc00497b Dsc00496b

|

« BMWオラクルのトリマラン登場! | トップページ | アリンギの新発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DoGZilla到着!:

« BMWオラクルのトリマラン登場! | トップページ | アリンギの新発表 »