« アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! | トップページ | アリンギとBMWオラクルの果てしない争い。 »

2008年11月10日 (月)

デニス・コナー、BMWオラクルのトリマランについて語る。

インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙にBMWオラクルの90フィート・トリマランに対する”ミスター・アメリカスカップ”デニス・コナーの興味深いコメントが掲載されていますので、ご紹介します。

--------------

「もしこのマシンとアリンギのマシンのレースが実現しないとなると、本当に残念だよ。すごく見ごたえあるレースになるだろうからね。」

”ミスター・アメリカスカップ”と呼ばれたデニス・コナーにとっても、アリンギとオラクルの二つのシンジゲートが巨大ボートで対決するのは、是非見てみたいことのようだ。

「これこそ本当のマシンじゃないか?」アメリカスカップを4度勝ち取ったサンディエゴの住人は続けた。「実は毎日見に来てるんだ。こいつは速すぎて湾内では帆走できないんだぜ。」

かつてのコナーと同じくサンディエゴのダウンタウンにベースキャンプを構えているオラクルのトリマランは、外海まで曳航されてから巨大なジブとメインを上げている。

3度アメリカスカップを勝ち取り、また1995年にはサンディエゴでコナーを破ったBMWオラクルのCEOラッセル・クーツによれば、現行のアメリカスカップボートが10ノットで帆走するようなコンディション下でも、このトリマランはその2~2.5倍のスピードで帆走でき、現に40ノット近いスピードを記録したこともあるという。

「間違いなくもっと速くなると思うよ。」クーツは言う。彼の計算によれば、わずか2日でハワイに到達してしまうという。チームのサポートボートですら、トリマランがブローを受けて走り出すと容易に追いつくことが出来ない。

20年前、コナーはニュージーランドのマイケル・フェイからの突然の挑戦を受け、法廷闘争を経て、キウィたちの巨大モノハルをカタマランで破ったことがある。

「このトリマランと比べると、オレのカタマランはまるでフォルクスワーゲンみたいなもんだね。」コナーは言う。「こいつはもっとでかくて、速くて、よく出来てて、ありとあらゆるテクノロジーを集積した素晴らしい仕上がりを見せているよ。」

「いろいろな意味において、こいつでレースをすることはヨット界全体のためになるよ。オレはラリー・エリソンがこのボートを造ったことを賞賛したいね。そしてこいつがレースして、ラリーが勝つところを見たいね。だってアリンギのやつらは、アメリカスカップをヤク漬けにして意のままにしようとしてるんだから。」

---------

Med_ac8808l

デニス・コナーがカタマランでニュージーランドの巨大ボートKZ-1を破ってから、もう20年も経つのですね・・・。当時は流体力学、航空工学の粋を集めて造られたと言われていたコナーのカタマラン”スター&ストライプス”でしたが、確かに今回のオラクルのモンスターと比べると、”フォルクス・ワーゲン”なのかもしれません。

カップを巡る争いを出来るだけ早く収束し、はやく次回大会にこぎつけて欲しいのは事実ですが、同時にこのモンスターたちによるレースを見てみたいのも事実です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! | トップページ | アリンギとBMWオラクルの果てしない争い。 »

コメント

こりゃ本筋から離れていくような・・・・

数年前にカタマランのAC作って勝手にACのレースを行なった国と同じではないですか!

結局、こんなモンスターはご勝手にって感じですね。

やはり本道のACボートは美しいものね~

投稿: yonosuke | 2008年11月11日 (火) 17時55分

なんかねぇ、もう子供のケンカよりたちが悪いですよね。。

それはそうとよのすけさん、もうすぐJ/24の全日本ですね!今年は博多でしたっけ?博多は風よし海よし食いモンよしで、いつも最高です。私も早く帰国して全日本に復帰したいです・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

投稿: とんべえ | 2008年11月15日 (土) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デニス・コナー、BMWオラクルのトリマランについて語る。:

« アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! | トップページ | アリンギとBMWオラクルの果てしない争い。 »