« デサフィオ・トロフィー 開幕! | トップページ | アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! »

2008年11月 8日 (土)

デサフィオ・トロフィー 2日目

デサフィオ・トロフィーの2日目はアリンギが2連勝しました。(動画はリンクご参照ください)

バレンシア・セーリングによると、トリッキーでシフト気味の東風約12ノットという条件下、アリンギは1年前の第32回アメリカス・カップの時とほぼ変わらない、堅実なボートスピード、ほぼ完璧なタクティクス、そして鮮やかなクルーワークを見せ、2連勝を飾ったということです。

Dsc_0912_1

まずこの日の第1レース(通算第3レース)、左海面へ出たアリンギとルナロッサは左へのシフトを上手くつかみ、右海面へ出したデサフィオとオリジンを離してレースをリード。ルナロッサも風下航でアリンギを捕らえられるほどのスピードがなく、アリンギがまず1勝目。1位アリンギ、2位ルナロッサ、3位デサフィオ、4位オリジンとなりました。

続く第2レース、今度はデサフィオが素晴らしいスタートを見せ第1上マークをトップで回航しますが、続く風下航で右海面へ出た後続の3艇をカバーせず、左へ伸ばしたことが裏目に出て自滅。その後もアリンギとルナロッサが安定したスピードを見せて、1位アリンギ、2位ルナロッサ、3位オリジン、4位デサフィオとなりました。

明日(11月9日)も2レースが予定されているということですが、タイムリミットがPM3:30とされていることと予想される天候を考慮すると、1レースしか成立しない可能性が高く、余程のことがない限りアリンギの優勝は間違いなさそうというバレンシア・セーリングのコメントでした。

また、バレンシア・セーリングによれば、今回のレガッタは出場チームにとって久々にACボートでレースを行うという良いトレーニングになったと同時に、"営業活動"としても活用されているとのことです。というのも、デサフィオのボートには絶えず2名のゲストが乗船していたのだそうです。

一方うれしいニュースもあります。ルナロッサのサポートボートには、昨年アメリカス・カップからの撤退を表明したプラダのCEO、パトリッツォ・ベルッテリ(Patrizio Bertelli)の姿が見られたということです。

Dsc_0445_1

今回のレガッタ、そして現在進められているコスト削減策へのとりくみ等々が契機となって、再度プラダがアメリカス・カップの世界へ戻ってきてくれると良いのですが・・・

(画像はバレンシア・セーリングから引用させて頂きました。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« デサフィオ・トロフィー 開幕! | トップページ | アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デサフィオ・トロフィー 2日目:

« デサフィオ・トロフィー 開幕! | トップページ | アリンギ デサフィオ・トロフィー優勝! »