« 次回アメリカスカップへのアメリカからのエントリーが拒否されていた! | トップページ | Louis Vuitton Pacific Series Update »

2008年12月21日 (日)

33rd America's Cup 修正プロトコル発表

アリンギのオーナー、エルネスト・ベルタレリが経営するアメリカスカップ運営組織、アメリカスカップ・マネジメント(America's Cup Management : ACM)は、スイス時間の12月20日第33回アメリカスカップ大会運営議定書(プロトコル)の修正版を発表しました。

http://33rd.americascup.com/multimedia/docs/2008/12/081220_ac_33_protocol.pdf

元々次回大会プロトコルは、第32回大会直後の2007年7月5日にアリンギの母体であるソシエテ・ノーティク・ドゥ・ジュネーブ(Société Nautique de Genève: SNG)と挑戦者代表となったスペインのクルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ(Club Náutico Español de Vela: CNEV)の連名で発表されました。しかし、内容が余りにも防衛者側に有利であると大多数の挑戦者チーム、及びセーリング関連マスメディア等から批判を浴び、同時にこれがBMWオラクルとの泥沼の法廷闘争の原因ともなっていました。今回の修正プロトコルはそれら批判を受けて、(BMWオラクルを除く)挑戦各チームとの数度に渡る協議を経て発表されたものです。

ACMは修正点をわかり易く示す為、注釈を加えたバージョンも同時にリリースしました。下記がその注釈版へのリンクです。クリスマス休暇中に精読して、どこがどう変わったか検証したいと思います。

http://33rd.americascup.com/multimedia/docs/2008/12/081220_AC_33_Protocol_with_track_changes.pdf

Amended_protocol_for_33rd_ac_3 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« 次回アメリカスカップへのアメリカからのエントリーが拒否されていた! | トップページ | Louis Vuitton Pacific Series Update »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 33rd America's Cup 修正プロトコル発表:

« 次回アメリカスカップへのアメリカからのエントリーが拒否されていた! | トップページ | Louis Vuitton Pacific Series Update »