« BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! | トップページ | ルナロッサが、そしてプラダがアメリカスカップへ帰ってくる! »

2008年12月 9日 (火)

BMWオラクルのエントリー拒否に対するアリンギの声明

アリンギは、BMWオラクルによる昨日の強烈なエントリー拒否宣言に対する声明を、自身のウェブサイトに発表しました。以下はその全文です。

-------------

BMWオラクル及びゴールデンゲート・ヨットクラブによる昨日の声明は、現在14チームが正式にエントリーしている競技に対し彼らが一切参加する意思を見せてこなかったことを考慮すると、なんら驚くべきことではありません。それどころか、彼らはことあるごとに身勝手な法廷戦術を追い求めることを選択し続けてきたのです。

昨日の彼らの書簡はとてつもなく傲慢であると同時に、第33回アメリカスカップ開催の為、ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)及びアリンギと共同作業を行っている多くのチームに対する尊重というものが全く欠落したものでもあります。BMWオラクルは一度も決勝へ進出したことすらないにも関わらず、1851年にこの競技を創設した国の代表であるチーム・オリジン、アメリカスカップを2度獲得したことのあるチーム・ニュージーランド、成功裏に終わった第32回アメリカスカップの開催国から出場するデサフィオ・エスパニョール、さらにはルイヴィトンカップの勝者や、世界中からの多くのチームの重要性や能力を軽んじています。

BMWオラクルが事態収拾へのプロセスに参加することなく、法的手段へ進むことを選択したのは残念なことですが、SNGとアリンギは、控訴裁判所の判決を待つ間も、エントリーを表明した全てのチームと共に、複数チームが参加するイベント実現へ向けて作業を続けていくことに全力を上げていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! | トップページ | ルナロッサが、そしてプラダがアメリカスカップへ帰ってくる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMWオラクルのエントリー拒否に対するアリンギの声明:

« BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! | トップページ | ルナロッサが、そしてプラダがアメリカスカップへ帰ってくる! »