« ルイヴィトン・パシフィックシリーズ 最新情報(1) | トップページ | BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! »

2008年12月 7日 (日)

アメリカスカップを襲う経済危機の波: チーム・ジャーマニー存亡の危機

世界的な経済危機の影響が自動車業界にも広がりを見せ、ビッグ3が巨額の支援を政府に求め、ホンダがF1からの撤退を表明する等という状況下、チーム・ジャーマニー(United Internet Team Germany)のメインスポンサーであるアウディが、チームへの援助打ち切りを表明しました。

ドイツの報道によれば、アウディがスポンサー打ち切りを通達したことにより、チームは存亡の危機に立たされていますが、コーディネーターであるヨッヘン・シューマン(Johen Schümann)は決してあきらめず、新たなメインスポンサー獲得を目指すということです。

シューマンは、オリンピックで金3銀1を獲得したことのあるドイツを代表するセーラーで、また2003年と2007年のアリンギのキャンペーンではトライアルヘルムスとして、いずれもアメリカスカップ獲得・防衛に貢献しています。しかし、2007年のキャンペーンでスターティングヘルムスの座をエド・ベアードに奪われたこともあり、大会終了直後アリンギを離れ、チーム・ジャーマニーに加入していました。その後、ボート開発にポルシェの協力をとりつける等、精力的に活動していましたが、ここへ来て最大のピンチに立たされています。

昨今の経済危機の影響はアメリカスカップの世界にも確実に出始めており、今後の動向が非常に懸念されます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« ルイヴィトン・パシフィックシリーズ 最新情報(1) | トップページ | BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカスカップを襲う経済危機の波: チーム・ジャーマニー存亡の危機:

« ルイヴィトン・パシフィックシリーズ 最新情報(1) | トップページ | BMWオラクル、エントリー提出を拒否。法廷対決決定! »