« 新アメリカスカップクラスは1月31日に発表! | トップページ | サファリなバースデー »

2009年1月17日 (土)

NY州裁判所が、アリンギ支持の意見書を却下

現在BMWオラクルの母体であるゴールデン・ゲート・ヨットクラブ(Golden Gate Yacht Club: GGYC)とアリンギ、デサフィオ・エスパニョール夫々の母体であるソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(Société Nautique de Genève: SNG)及びクルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ(Club Náutico Español de Vela: CNEV)の間で争われている裁判に関し、複数の関係者より双方を支持する第3者意見書がニューヨーク州控訴裁判所へ提出されていることは、このブログでも度々お伝えしてきました。

Valencia Sailingによると、これら意見書に対しニューヨーク州控訴裁判所は以下の通り受理、不受理の決定を下しました。

Valencia Sailing: NY Court of Appeals rejects briefs by Shosholoza and French Spirit while accepts NNYC, SDYC, Bill Koch and the 5 Challengers

  1. Deutscher Challenger Yacht Club、K-Challenge、Dabliu Sail Project、 Italia、Russian Challenge による SNG/CNEV 支持の意見書: 受理
  2. New York Yacht Club による GGYC 支持の意見書: 受理
  3. San Diego Yacht Club による GGYC 支持の意見書: 受理
  4. ビル・コーク(Bill Koch) による GGYC 支持の意見書: 受理
  5. Shosholoza、Team French Spirit による SNG/CNEV 支持の意見書: 不受理

No.5のショショロザとフレンチスピリットの意見書は、NYYCの意見書に対する露骨な反論書でしたが、今回これは却下されました。なおロイヤル・テムズ・ヨットクラブの提出した意見書に対するNY州控訴裁判所の決定は、まだ公示されていません。

今回の決定が判決にどのような影響を及ぼすかは未だわかりませんが、いずれにしろアリンギ側は危機感を強めていることでしょう。

Decisionlistjan1309

Decisionlist15jan09

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« 新アメリカスカップクラスは1月31日に発表! | トップページ | サファリなバースデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY州裁判所が、アリンギ支持の意見書を却下:

« 新アメリカスカップクラスは1月31日に発表! | トップページ | サファリなバースデー »