« エルネスト・ベルタレリ、バレンシア市に81億円を要求。 | トップページ | 今日はWBCキューバ戦 »

2009年3月12日 (木)

一方法廷では・・・ BMWオラクル対アリンギの口頭弁論 (4)

ニューヨークを拠点として活動する弁護士、コリー・E・フリードマン氏がScuttlebuttへ寄稿したBMWオラクル対アリンギの口頭弁論に対する分析の3回目です。(1回目2回目

Scuttlebutt: Part 34 - Where were you on February 10th?

今回はデサフィオ・エスパニョール(クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ: CNEV)の代理人、デイビッド・リブキン弁護士の弁論、そして抗弁のため持ち時間を残しておいたBMWオラクルの代理人、マウリーン・マホーニー弁護士の弁論の前半についてです。

-----------------------------

次に弁論に立ったのはデイビッド・リブキン(クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ代理人)であったが、彼はあらゆる意味で取り返しの付かない失敗弁論を行った。贈与証書の解釈がより明確となり、判決の方向性が定まりつつあるとみるやリブキンは、カップに挑戦するヨットクラブは、挑戦者セレクションシリーズを勝ち上がり実際にアメリカスカップへ挑戦するその日までに年次レガッタを開催すればよいのであり、贈与証書を曲解しようとしているのはGGYCの方だと切り出したのである。しかし、年次レガッタの開催日程すら確定していないようなヨットクラブを挑戦者代表として認めるなら、それこそ贈与証書の曲解といわざるを得ない。彼のこの論法は不可解かつ不愉快極まりないものであり、この結果リブキンは判事たちからの質問責めにあうハメとなった。

David_rivkin

クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ代理人、デイビッド・リブキン弁護士

これは控訴審裁判における非常に基本的な鉄則だが、判事が弁論を遮り質問をしてきたら、直ちに弁論を中断し喜んで質問を受けなければならない。言いかけていたことがあろうが何だろうが、とにかくすぐさま弁論を中止せねばならないが、リブキンはそうではなかった。さらに事態を加速度的に悪化させたのは、彼は女性判事にだけ返答し、男性判事には一切返答しなかったことだ。12世紀へようこそ!男性諸君、決して奥方の前でそんな姿を見せないように!

開廷から35分になるところで、彼は既に持ち時間を大幅にオーバーしていたが、弁論の延長を申し出た。37分を超えたところでも依然彼はチパリック判事の質問に答えていたが、チパリック判事に冷たく時間切れを告げられた。それでも彼は止めなかったため、ついにチパリック判事は「サンキュー」ときっぱり告げたのだった。リブキンの弁論は全く失礼なものだったが、愚かにも本人はそのことすら気づいていないようだった。

さて、持ち時間を5分残しておいたマホーニーは、最終兵器を携え反撃を開始した。彼女はピゴット判事の複数チームが参加する大会開催に関する質問を引き合いに出し、GGYCの提訴はこれを台無しにするものだというオストレイガーの弁論を「事実に反する」ものだと反論した。そして、アメリカスカップを公平なルールの下多くのチームが参加した第32回大会と同様なイベントへ引き戻すことこそが、GGYCが提訴に至った目的であるという主張を展開した。その証拠として彼女は判事たちに対し過去の公判録を提示し、オストレイガーを「うそつき」と断言したのである。マホーニーのあざやかな“スラムダンク”だった。

-----------------------------

ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)の弁護士に続き、クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ(CNEV)の弁護士と、アリンギ側の失策が続きます。これに対し、ゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)側は見事な弁舌で、判事たちを自陣側へ引き込んでいきます。

この後、マホーニー弁護士は贈与証書の求める挑戦者代表の要件について明確な解釈を示し、スミス判事の支持を得ますが、今日はここまで。

つづきはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« エルネスト・ベルタレリ、バレンシア市に81億円を要求。 | トップページ | 今日はWBCキューバ戦 »

コメント

アリンギ、とうとう年貢の納め時が来たんでしょうか?

投稿: gg | 2009年3月12日 (木) 09時10分

う~ん、判決はフタを開けてみないとわかりませんが、そうあってほしいもんです

投稿: とんべえ | 2009年3月15日 (日) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一方法廷では・・・ BMWオラクル対アリンギの口頭弁論 (4):

« エルネスト・ベルタレリ、バレンシア市に81億円を要求。 | トップページ | 今日はWBCキューバ戦 »