« アリンギとバレンシア市、プレレガッタ開催で合意 | トップページ | アリンギ、地獄へ落ちろ!- BMWオラクルの勝訴に対する関係者のコメント »

2009年4月 2日 (木)

速報!BMWオラクル(ゴールデンゲート・ヨットクラブ)逆転勝訴!

米国東部標準時間の4月2日、ニューヨーク州控訴裁判所は6対0の評決で、デサフィオ・エスパニョールの運営母体 クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ(CNEV)を挑戦者代表として認定した2審判決を破棄、再びBMWオラクルの運営母体 ゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)を正統な挑戦者代表として認定しました。

Images756349_oracleellisonmelaniecr

BMWオラクル・レーシング オーナー、ラリー・エリソン

ニューヨーク州控訴裁判所 判決全文 (PDF)

判決のポイントとなったのは、贈与証書がアメリカスカップ挑戦者代表(Challenger of Record)に求めているヨットクラブとしての要件を、CNEVが満たしているか否かでした。

これに対し判決の中で判事団は、贈与証書が求める要件は以下の4項目であり、

  1. 組織化されたヨットクラブであること (an organized yacht club)
  2. カップ保持者とは異なる国のヨットクラブであること (foreign, in that it is not of the same country as the trustee yacht club)
  3. 公的に法人格があるか、或いは政府により許認可されることによって公式に認められたヨットクラブであること (incorporated in its local jurisdiction or officially recognized either through a license or patent from its government)
  4. 海上或いは海に通ずる入り江、或いはその双方において年次レガッタを開催しているヨットクラブであること (having for its annual regatta on ocean water course on the sea or on an arm of the sea or one which combines both)

特に「年次レガッタを開催している (having for its annual regatta)」という定義を再精査した結果、挑戦者代表は挑戦を表明するまでに年次レガッタを開催していなければならないという結論に達し、急造ヨットクラブなるが故、挑戦表明の段階で一度も年次レガッタを開催したことがなかったCNEVはその条件を満たしていないとしています。その上で、CNEVを挑戦者代表として認定した2審判決を棄却し、GGYCを挑戦者代表として認定した1審判決を支持すると結論付けています。

さて、これからどうなるか?

BMWオラクル(GGYC)側は一貫して、多数チームが公平なルールの下で競い合う次回アメリカスカップの開催を求めており、裁判に勝訴した場合は速やかにアリンギとの交渉に入るとしてきました。一方アリンギ(ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ:SNG)側はデサフィオ・エスパニョール(CNEV)を挑戦者代表として、次回大会のプロトコル、新クラスルール制定を進めてきましたが、これらは全て白紙に戻されることとなります。

ニューヨーク州控訴裁判所の判事団は今回の判決文を「この気高いセーリングの伝統が(贈与証書に示された)”国際親善のための恒久的なチャレンジカップ”として存続できるか否かは、今やSNGとGGYCの共同作業に掛かっている。(it falls now to SNG and GGYC to work together to maintain this noble sailing tradition as "a perpetual Challenge Cup for friendly competition between foreign countries" 」と結んでいますが、果たしてGGYCとSNGはこれまでのわだかまりを越えて、friendly competition を目指すことができるでしょうか?

もしできないときは、贈与証書の規定に則って、今から10ヵ月後に全長全幅90フィートのマルチハルによる一騎打ちで決着をつけるしか道は残されていません。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« アリンギとバレンシア市、プレレガッタ開催で合意 | トップページ | アリンギ、地獄へ落ちろ!- BMWオラクルの勝訴に対する関係者のコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報!BMWオラクル(ゴールデンゲート・ヨットクラブ)逆転勝訴!:

« アリンギとバレンシア市、プレレガッタ開催で合意 | トップページ | アリンギ、地獄へ落ちろ!- BMWオラクルの勝訴に対する関係者のコメント »