« ライン7経営破綻 & アリンギ防衛艇先行公開 | トップページ | ついに公開、アリンギのモンスターカタマラン! »

2009年7月 3日 (金)

アリンギの防衛艇は動力付?!

※この記事は2009年7月段階の情報であり、アメリカスカップの最新情報に関しては、当ブログのトップページ、或いは左に記載されている最近の記事をご覧ください。(2010年1月追記)

---------------------------

アリンギの防衛艇公開を間際に控え、セーリング・アナーキーのACフォーラムは、「アリンギの新艇はエンジンと動力付ウィンチがついている」だの、「沈しながら走れるようになっている」だの、「空気より軽い」だの、果てにはポンプ付ウォーターバラスト搭載というウワサに託けて「アリンギの新艇に搭載された秘密兵器はこれだ!」等々、ありとあらゆるウワサが正に百花繚乱という感じです。

これに対し、Sail Worldのグラドウェル記者が、幾つかのウワサは本当であるという記事を掲載しています。

Sail-World.com: Alinghi's America's Cup Defender reported to be 'spider-like'

グラドウェル記者によると、確かな筋の情報として、アリンギの防衛艇はエルネスト・ベルタレリが所有する41フィートカタマラン「ル・ブラック」のスケールアップ版だということです。

Gj_le_black_10_photo

アリンギの41フィートカラマラン「ル・ブラック」 Photo Copyright: George Johns/Alinghi

さらに、ウワサどおりモーターウィンチを搭載しており、グラインダー・クルーを削減できるとしています。また同じくウワサされているウォーターバラストの存在は現段階で確認されていませんが、その可能性を否定できないとのことです。

しかし、もしウォーターバラストを搭載しているとすると恐らくポンプ付となりますが、ISAFのセーリング競技規則51には「トリムやスタビリティを調整するため艇内の水を移動させてはならない」と規定されているので、これに抵触しないか注意を要するとグラドウェル記者は記しています。

リグは、「回転式ウィングマスト + ソフトセイル」と「ハードウィングセイル」の2種類が選択可能です。このハードウイングは、Cクラス・カタマランのエキスパート、ダンカン・マクレーン(米国)がアリンギのデザインチームに加入し開発されたもので、Cクラスのセイルコンセプトに近いということです。

Catlead

ダンカン・マクレーンのCクラス・カタマラン「Cogito」 Photo Copyright: stanschreyer.com

またリグは当初ウワサされていた2本マスト(水線長115フィート)ではなく、BMWオラクルの挑戦艇同様1本マスト(水線長90フィート)であるということです。

上記「ル・ブラック」やCカタマランから想像されるアリンギの防衛艇の姿は、BMWオラクルのBOR90と比べ非常に華奢で軽量なボートであり、細身のハルと最大90フィートになると予想される横幅から、あたかも「蜘蛛」のような印象を与えるだろうということです。その結果、リグやハルを保持するワイヤー/ケーブルには大きな荷重が掛かるため、その調整には注意を要するだろうとのことです。

となると、当然アリンギはより軽風地域での次回アメリカスカップ開催を目論むと思われます。これに対しグラドウェル記者は、今後4週間以内に開催地は発表されるはずであり、ニューヨーク州最高裁判所の命令に基づくとバレンシアが第一候補となるはずだが、もしウワサされているようにアリンギがより風の弱いアブダビを選択した場合、11月1日~5月1日の北半球での開催を禁じた贈与証書に反するため、これにはBMWオラクルの合意が必要になるだろうとしています。

しかし、重厚な挑戦艇と華奢な防衛艇(しかもハードウィング)の対決となると、正にデニス・コナーのカタマラン版スターズ&ストライプス”US-1”とマイケル・フェイの巨大モノハル艇”KZ-1”の間で争われた”世紀のミスマッチ”第27回アメリカスカップ(1988年)を彷彿させます。ただし今回は挑戦艇もマルチハルで、防衛艇も90フィートですが・・・

1988_ac

1988年のアメリカスカップにおけるカタマラン”US-1”対 巨大モノハル”KZ-1” Photo Copyright: AFYACHT

最後にグラドウェル記者によれば、この週末中に防衛艇は公開された後、来週7月8日(水)にはヘリコプターでレマン湖へ運ばれ、進水式を迎えるということです。さてさて、一体どんなボートが出てくるか楽しみに待ちましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« ライン7経営破綻 & アリンギ防衛艇先行公開 | トップページ | ついに公開、アリンギのモンスターカタマラン! »

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/journalist/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/journalist/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
sAK5oHV3

投稿: sirube | 2009年7月 3日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリンギの防衛艇は動力付?!:

« ライン7経営破綻 & アリンギ防衛艇先行公開 | トップページ | ついに公開、アリンギのモンスターカタマラン! »