« 【速報】第33回アメリカスカップ開催地はラアス・ル・ハイマ(UAE) | トップページ | オラクルの挑戦艇もトリマランで確定: 「BOR 90」を「USA」へ名称変更 »

2009年8月10日 (月)

"贈与証書(Deed of Gift)"とは?

2007年から続くアメリカスカップの混迷、即ちBMWオラクルの挑戦者認定、アリンギのエンジン使用、そして開催地選定に関する応酬・・・ これら全てはアメリカスカップの憲法である「贈与証書」の文言を巡る争いでした。

そして今日8月10日、現在のアメリカスカップ保持者であり、アリンギの所属母体であるスイス・ジュネーブのヨットクラブ、ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(Société Nautique de Genève:SNG)と、BMWオラクルの所属母体であり、次回アメリカスカップの正当な挑戦者として認定されたサンフランシスコのゴールデンゲート・ヨットクラブ(Golden Gate Yacht Club:GGYC)は、「贈与証書」の文言の解釈を巡り再びニューヨーク州最高裁判所で対決する予定となっています。

対決を前にもう一度「贈与証書」というものが何なのか、ここで改めて復習したいと思います。

ご承知の通り、アメリカスカップの歴史は1851年(嘉永四年)に開催されたワイト島一周レースにまで遡ります。この年ロンドンで第1回万国博覧会が開催され、これを記念してイギリスのロイヤル・ヨット・スコードロンがワイト島を一周するレースを開催します。このレースには”海洋王国”の威信を懸け大英帝国中から快速艇が集結しましたが、その中に”新興国”アメリカから唯一参加した「アメリカ」号が含まれていました。

ときの大英帝国女王、ビクトリア女王まで観戦に訪れたこのレースで「アメリカ」号は圧勝します。

ちなみに「アメリカ」号」の圧勝を現す有名な逸話として、女王と配下の者で交わされた以下の会話が言い伝えられています。

「Are the yachts in sight? (ヨットは見えるか?)」

「Only the America, may it please Your Majesty. (アメリカ号だけでございます、陛下)」

「Which is second? (では2位はだれか?)」

「Ah, Your Majesty, there is no second. (あぁ、陛下、2位はございません)」

America27s_cup_yacht_america

「アメリカ」号の雄姿

こうしてビクトリア女王臨席のレースで圧勝し、カップをアメリカへ持ち帰った「アメリカ」号のオーナー達は、「カップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けねばならない」ということを記した「贈与証書」(Deed of Gift)とともに、このカップをニューヨーク・ヨットクラブ(New York Yacht Club:NYYC)へ寄贈しました。これに基づき1870年に第1回「アメリカスカップ」が開催され、現在に至っています。

この時作成された最初の「贈与証書」は非常に単純な文章でしたが、その後3度の改定を経て現在の形となっています。

Deed_of_gift_1

Deed_of_gift_2

Deed_of_gift_3

贈与証書(1887年改定版) Photo Copyright: America's Cup Management

この「贈与証書」を精読すると、2年以上に渡り争われてきた法廷闘争の経緯、或いは根拠を良く理解することができます。即ち、

  • 何故クルブ・ナウティコ・エスパニョール・デ・ベラ(Club Náutico Español de Vela:CNEV)は挑戦者代表として不適格とされたか。
  • 何故ゴールデンゲート・ヨットクラブは挑戦艇に全長・全幅90フィートのボートを準備したか。
  • 何故ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)はISAFの規定に反し、防衛艇にエンジンを搭載し得たか。

等々です。

また、防衛者側が絶対的優位にある注意すべきポイントとして、挑戦者側はレース開催の10ヶ月前までに挑戦艇のリグ形式及び基本寸法を伝え、またそれらを記した船舶登録証を速やかに提出しなければならないのに対し、防衛者側はレースがスタートする瞬間まで、防衛艇の選択を遅らせることが可能という規定があります。つまり何種類もの艇を準備し、挑戦艇の能力に合わせ防衛艇を選択することができるのです。(ただし、一旦艇を選択したら、その艇で全レースを戦わなければならない)

ISAFの成立よりずっと早くに制定されたこの「贈与証書」を活用し、130年に渡ってカップを保持し続けてきたのがNYYCであり、今またSNGも同じことを目論んでいるのかもしれません。

それでは以下に現在の「贈与証書」の全文(原文・和訳文)を記しますので、ご覧ください。

なお原文の意味を尊重するため、翻訳はできるだけ直訳とするよう心掛けています。

また、最後まで存命であった「アメリカ」号のオーナーの一人、Schuyler 氏のカタカナ表記に関し、これを「シュイラー」とする文献もありますが、アメリカ人はむしろ「スカイラー」と発音しますので、本ブログでもこれを採用します。

-------------------------------

DEED OF GIFT FOR THE AMERICA'S CUP

アメリカスカップ贈与証書

This Deed of Gift, made the twenty-fourth day of October, one thousand eight hundred and eighty-seven, between George L. Schuyler as the sole surviving owner of the Cup won by the yacht AMERICA at Cowes, England, on the twenty-second day of August, one thousand eight hundred and fifty-one, of the first part, and the New York Yacht Club, of the second part, as amended by an order of the Supreme Court of the State of New York dated December 17, 1956 and April 5, 1985.

本贈与証書は、1851年8月22日イギリス・カウズにおいて、ヨット「アメリカ号」により獲得されたカップのオーナーの内、唯一存命であるジョージ・L・スカイラー(以下「甲」という)と、ニューヨーク・ヨットクラブ(以下「乙」という)との間で、1887年10月24日に交されたものであり、また1956年12月17日及び1985年4月5日、ニューヨーク州最高裁判所の指示によって修正されたものである。

WITNESSETH

以下の条項を証する。

That the said party of the first part, for and in consideration of the premises and of the performance of the conditions and agreements hereinafter set forth by the party of the second part, has granted, bargained, sold, assigned, transferred and set over, and by these present does grant, bargain, sell, assign, transfer, and set over, unto said party of the second part, its successors and assigns, the Cup won by the schooner yacht AMERICA, at Cowes, England, upon the twenty-second day of August, 1851. To have and to hold the same to the said party of the second part, its successors and assigns, IN TRUST, NEVERTHELESS, for the following uses and purposes:

乙により明らかにされた条件及び同意事項の履行を考慮した結果、1851年8月22日イギリス・カウズにおいてスクーナー「アメリカ」号が勝ち取ったカップを、その継承者であり被譲渡者である乙へ、売却し、譲渡し、委譲し、また譲るという協定を認めた。乙は同カップの継承者且つ被譲渡者として、下記の用途と目的の為、その運用の委託を受けるものとする。

This Cup is donated upon the conditions that it shall be preserved as a perpetual Challenge Cup for friendly competition between foreign countries.

このカップは、異国間の友好的な競技を目的とする永続的な挑戦カップとして維持されることを条件に、寄贈されるものである。

Any organized Yacht Club of a foreign country, incorporated, patented, or licensed by the legislature, admiralty, or other executive department, having for its annual regatta on ocean water course on the sea, or on an arm of the sea, or one which combines both, shall always be entitled to the right of sailing a match for this Cup, with a yacht or vessel propelled by sails only and constructed in the country to which the Challenging Club belongs, against any one yacht or vessel constructed in the country of the Club holding the Cup.

立法機関、海事法、或いはその他行政機関により設立され、許可され、或いは免許の交付を受け、海上或いは海につながる入り江、またはその双方にまたがる洋上コースにおいて年次レガッタを開催している外国の組織化されたヨットクラブであるならば、その挑戦するクラブが属する国で製造されたヨット或いは帆のみによって推進される船舶を使用し、カップを保持しているクラブの国で製造されたヨット或いは船舶に対し、このカップをかけての帆走対戦に挑む権利がいつでも与えられるものとする。

The competing yachts or vessels, if of one mast, shall be not less than forty-four feet nor more than ninety feet on the load water-line; if of more than one mast they shall be not less than eighty feet nor more than one hundred and fifteen feet on the load water-line.

競技に使用されるヨット或いは船舶は、1本マストの場合、満載水線長が44フィート以上90フィート以下でなければならない。2本以上マストを有する場合、満載水線長が80フィート以上115フィート以下でなければならない。

The Challenging Club shall give ten months' notice, in writing, naming the days for the proposed races; but no race shall be sailed in the days intervening between November 1st and May 1st if the races are to conducted in the Northern Hemisphere; and no race shall be sailed in the days intervening between May 1st and November 1st if the races are to be conducted in the Southern Hemisphere. Accompanying the ten months' notice of challenge there must be sent the name of the owner and a certificate of the name, rig and following dimensions of the challenging vessel, namely, length on load water-line; beam at load water-line and extreme beam; and draught of water; which dimensions shall not be exceeded; and a custom-house registry of the vessel must also be sent as soon as possible. Center-board or sliding keel vessels shall always be allowed to compete in any race for this Cup, and no restriction nor limitation whatever shall be placed upon the use of such center-board or sliding keel, nor shall the center-board or sliding keel be considered a part of the vessel for any purposes of measurement.

挑戦するクラブは、レース開催の10ヶ月前までに書面によってレース日程を申し入れなければならない。ただし、11月1日から5月1日までの間北半球でレースを行ってはならず、また5月1日から11月1日までの間南半球でレースを行ってはならない。10ヶ月前に提出される挑戦通知書には、挑戦艇の所有者の氏名、身分証明書、並びに挑戦艇のリグ形式、及び以下の寸法、即ち、満載水線長、満載時の船幅及び最大幅、そして喫水であり、これらの寸法は最大寸法でなければならない。また船舶の(税関)登録証も可及的速やかに提出されなければならない。センターボード艇及びスライドキール艇は、このカップを懸けた如何なるレースにも参加することが許され、またセンターボード或いはスライディングキールに関し一切の制限・制約といったものは存在せず、更に計測時においても、センターボード或いはスライディングキールが船舶の一部と見なされることはない。

The Club challenging for the Cup and the Club holding the same may, by mutual consent, make any arrangement satisfactory to both as to the dates, courses, number of trials, rules and sailing regulations, and any and all other conditions of the match, in which case also the ten months' notice may be waived.

このカップに挑戦するクラブ、及び同カップを保持しているクラブは、相互の同意により、日程、コース、レース数、帆走規定、そしてその他のあらゆる対戦条件を双方が満足する形で変更することができる。この場合10ヶ月前の通知条件も適用外として構わない。

In case the parties cannot mutually agree upon the terms of a match, then three races shall be sailed, and the winner of two of such races shall be entitled to the Cup. All such races shall be on ocean courses, free from headlands, as follows: The first race, twenty nautical miles to windward and return; the second race an equilateral triangular race of thirty-nine nautical miles, the first side of which shall be a beat to windward; the third race (if necessary) twenty nautical miles to windward and return; and one week day shall intervene between the conclusion of one race and the starting of the next race. These ocean courses shall be practicable in all parts for vessels of twenty-two feet draught of water, and shall be selected by the Club holding the Cup; and these races shall be sailed subject to its rules and sailing regulations so far as the same do not conflict with the provisions of this deed of gift, but without any times allowances whatever. The challenged Club shall not be required to name its representative vessel until at a time agreed upon for the start, but the vessel when named must compete in all the races, and each of such races must be completed within seven hours.

双方が競技条件に関して相互の合意に達することができない場合、3つの帆走レースを行い、そのうちの2レースの勝者にカップ獲得の権利が与えられる。これらレースは、以下の如く、すべて岬によって遮られない洋上コースで行われる。第1レースは20ノーティカルマイルの風上航と風下航、第2レースは39ノーティカルマイルの正三角形レースで、最初の一辺が風上航、第3レース(もし必要な場合)は20ノーティカルマイルの風上航と風下航とする。そして、一つのレースの終了から次のレースの開始までには、平日1日を挟まなければならない。これら洋上コースは喫水22フィートの船舶が航行可能なものであり、カップを保持しているクラブによって選定される。これらのレースは、本贈与証書の規定に矛盾しない限り、カップを保持するクラブの規則及び帆走規定に沿って行われ、如何なる時も酌量は認められない。挑戦を受けるクラブは、合意によって定められたスタート時刻まで防衛艇の指名を行う必要はない。しかし、一旦指名された防衛艇はすべてのレースに参加しなければならず、またこれらのレースは7時間以内に完了しなければならない。

Should the Club holding the Cup be for any cause dissolved, the Cup shall be transferred to some Club of the same nationality, eligible the challenge under this deed of gift, in trust and subject to its provisions. In the event of the failure of such transfer within three months after such dissolution, such Cup shall revert to the preceding Club holding the same, and under the terms of this deed of gift. It is distinctly understood that the Cup is to be the property of the Club subject to the provisions of this deed, and not the property of the owner or owners of any vessel winning a match.

カップを保持しているクラブが何らかの理由により解散した場合、カップは、本贈与証書の下で委託されると共に、その規定に従う挑戦を受けるにふさわしい同国籍のクラブへ移管される。このような解散後3ヶ月以内に移管が行われない場合、本贈与証書の条件下、カップは前保持者のもとに返還される。即ち、カップは本証書の規定に従うクラブの所有物となることを意味し、対戦に勝った船舶のオーナー、或いはオーナーたちの所有物とはならないことを意味する。

No vessel which has been defeated in a match for this Cup can be again selected by any Club as its representative until after a contest for it by some other vessel has intervened, or until after the expiration of two years from the time of such defeat. And when a challenge from a Club fulfilling all the conditions required by this instrument has been received, no other challenge can be considered until the pending event has been decided.

このカップを懸けた対戦に敗れた船舶は、他の船舶による挑戦が行われるか、或いは敗戦から2年を経るまで、如何なるクラブの代表艇として再び選ばれることはできない。また、本証書によって要求される全ての条件を満たすクラブからの挑戦が受理されたときは、その対戦の勝敗が決するまで、他の如何なる挑戦も受理されない。

AND, the said party of the second part hereby accepts the said Cup subject to the said trust, terms, and conditions, and hereby covenants and agrees to and with said party of the first part that it will faithfully and fully see that the foregoing conditions are fully observed and complied with by any contestant for the said Cup during the holding thereof by it; and that it will assign, transfer, and deliver the said Cup to the foreign Yacht Club whose representative yacht shall have won the same in accordance with the foregoing terms and conditions, provided the said foreign Club shall, by instrument in writing lawfully executed, enter with said part of the second part into the like covenants as are herein entered into by it, such instrument to contain a like provision for the successive assignees to enter into the same covenants with their respective assignors, and to be executed in duplicate, one to be retained by each Club, and a copy thereof to be forwarded to the said party of the second part.

そして、乙はカップが前述の委託条件に従うことを受け入れる。そしてカップを保持する間、競技者たちによって前述の条件が完全に順守かつ受諾されるよう、誠意に溢れると共に完全なる監督を行うことを、甲に対し誓い、また同意するものである。また乙は前述の条件に沿ってカップを勝ち取った挑戦艇の所属する外国のヨットクラブに対し、甲が乙に対し行ったのと同様な法的に有効な文書をもってカップを譲渡移管し届けるものである。かかる文書は各々の譲渡者と被譲渡者が同じ契約条項となるよう複製を作成し、譲渡者と被譲渡者双方のクラブが原本を保管し、乙が写本を保管するものとする。

IN WITNESS WHEREOF, the party of the first part has hereunto set his hand and seal, and the said party of the second part has caused its corporate seal to be affixed to these presents and the same to be signed by its Commodore and attested by its Secretary, the day and year first above written.

証拠として、最初に記された年月日において、甲が署名捺印を行い、乙が本証書にクラブ印を押すと共に、会長が書記立会いの下署名するものである。

In the presence of H. D. Hamilton.

GEORGE L. SCHUYLER

THE NEW YORK YACHT CLUB

by Elbridge T. Gerry, Commodore (Seal of the New York Yacht Club)

John H. Bird, Secretary

立会人 H・D・ハミルトン

ジョージ・L・スカイラー

ニューヨーク・ヨットクラブ会長 エルブリッジ・T・ゲリー

(ニューヨーク・ヨットクラブ印)

同クラブ書記 ジョン・H・バード

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« 【速報】第33回アメリカスカップ開催地はラアス・ル・ハイマ(UAE) | トップページ | オラクルの挑戦艇もトリマランで確定: 「BOR 90」を「USA」へ名称変更 »

コメント

いつもAmerica'sCupの情報を楽しみに見させていただいております。
今回の内容で少し気になる点があります。1851年のワイト島一周レースの優勝カップは、ロイヤル・ヨット・スコードロンが王室御用達宝飾店から購入したカップを、ニューヨーク・ヨットクラブへ贈ったもので、またヴィクトリア女王はカウズでの行事に関連して訪れていてレースを観戦していたようです。ですので一般的にいわれている、女王からNYYCへカップが贈られた、というのは後年の風評的な話の拡大、だったようです。このあたり、小島敦夫氏の著作が詳しいです。

投稿: naka | 2009年8月11日 (火) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "贈与証書(Deed of Gift)"とは?:

« 【速報】第33回アメリカスカップ開催地はラアス・ル・ハイマ(UAE) | トップページ | オラクルの挑戦艇もトリマランで確定: 「BOR 90」を「USA」へ名称変更 »