« "贈与証書(Deed of Gift)"とは? | トップページ | ラッセル・クーツ、BMWオラクルのマルチハルについて語る (1) »

2009年8月12日 (水)

オラクルの挑戦艇もトリマランで確定: 「BOR 90」を「USA」へ名称変更

まず最初に訂正です。先日アップした「贈与証書」に関する記事で、「アメリカスカップ」はビクトリア女王から下賜されたものではなく、ロイヤル・ヨット・スコードロンから「アメリカ」号のオーナーたちへ送られたものだとのご指摘を受けました。

確かにおっしゃるとおりで、「カップ」はロイヤル・ヨット・スコードロンのメンバーがガラードで購入し、それを同スコードロンへ寄贈したものでした。従って、「ビクトリア女王が下賜した」という記述は誤りでした。

私自身小島氏の著書を読んだことはありませんが、1993年ごろ米国で購入した洋書にて、上記経緯を記した文章を読んだ記憶があります。しかし15年以上も昔のことで、ご指摘を受けるまですっかり忘れていました。大変失礼しました。

nakaさん、ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。先日の記事は謹んで訂正させていただきました。今後も当ブログの記事に間違いを見つけられましたら、遠慮なくご指摘いただければ幸いです。

さて、8月10日ニューヨーク州最高裁判所で、現在のカップ保持者ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)と次回大会の挑戦者代表であるゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)が再び合間見えたことは、お伝えしたとおりです。

この公判の議事録は、下記アリンギのサイトにアップされています。

Alinghi: NY Supreme Court transcript of challenger’s Custom’s House Registry hearing

この議事録は非常に長いので、とても読破することができませんが、議事録の一部及び報道等をまとめると、贈与証書において「可及的速やかに」提出することを求められている挑戦艇の船舶登録証が依然提出されていないことに関し、GGYCは、現在サンディエゴにてテストが進められているBMWオラクルの90ftトリマランは「BOR 90」であり、GGYCがSNGへ提出した挑戦状に記載されていた挑戦艇「USA」とは別物であるとしてきたそれまでの見解を180度翻し、

  • 「BOR 90」が「USA」へ改称され、来年2月の対戦に使用される。
  • 「BOR 90」は依然開発途上であり船舶登録証は現段階で提出できない。

という主張を行いました。

これに対し、同裁判所のシャーリー・コーンライヒ判事は判決を保留しましたが、

  • 本来挑戦側ヨットクラブは、船舶登録証を防衛側ヨットクラブへ提出する前に挑戦艇の開発・改造を終えるべきである。
  • しかし、船舶登録証の提出後であっても挑戦状に記載された仕様に反しない限り、挑戦艇の改造を行っても構わない。

という判断を示唆しました(正式な判決は別途言い渡されます)。

この判断に対し、GGYCは以下のステートメントを発表し、「BOR 90」が正式な挑戦艇となることを確認すると共に、船舶登録書の提出後も挑戦艇の改造を続行することを認めた同判事の判断を歓迎しました。

GGYC: GGYC Statement Dated: Aug 10, 2009

一方のSNGもアリンギのサイトにステートメントを発表し、GGYCが「BOR 90」を最終的な挑戦艇として認めたことを歓迎すると共に、船舶登録証の扱いについて裁判所が贈与証書に則した適正な判決を下すよう望んでいるとしています。

Alinghi: Société Nautique de Genève statement on challenger’s Custom’s House Registry hearing

これまでGGYCは「BOR 90」はテストベッドであり、挑戦状に記した正式な挑戦艇「USA」は別途建造されると一貫して主張してきました。この主張を今回覆したことになります。

これには、先日アリンギの防衛艇「アリンギ5」の全容が明らかになったことと、開催地が中東とされたことによって、軽風域での対決を目論んでいるアリンギの意図が明確となり、これに対し新艇の建造は不要で「BOR 90」でも対応可能であるという判断があったものと推測されます。(ただし、防衛者は第1レースのスタート直前までなら、いつでも防衛艇を変更できることを忘れてはいけませんが・・・)

また議事録を見ると、公判の中でGGYCは「BOR 90」にエンジンを搭載する可能性について言及しています。

従って、今後それぞれ巨大なセイルを操作するための補助動力を搭載したモンスターカタマラン対モンスタートリマランによる世紀の対決へ向け、アメリカスカップは一気に突き進んでいくものと思われます。

これまで誰も目にしたことのない巨大マルチハルによるマッチレースは、果たして一体どのようなものとなるのでしょうか・・・

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« "贈与証書(Deed of Gift)"とは? | トップページ | ラッセル・クーツ、BMWオラクルのマルチハルについて語る (1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オラクルの挑戦艇もトリマランで確定: 「BOR 90」を「USA」へ名称変更:

« "贈与証書(Deed of Gift)"とは? | トップページ | ラッセル・クーツ、BMWオラクルのマルチハルについて語る (1) »