« 正義はどこに? アメリカスカップは再び法廷対決へ | トップページ | 第33回アメリカスカップ 計測手順書 »

2009年9月 5日 (土)

BOR 90 の改造を見てきた

今日は久しぶりにBMWオラクルのベースへ「BOR 90」の様子を見に行ってきました。

前回改造時は全て巨大テントの中で作業が行われていましたが、今回は文字通り”白日の下”で作業が進められています。

Img_0290b

Photo copyright: Tombei

シャープなウェーブ・ピアーシング型バウの形状がよくわかります。

Img_0291b

Photo copyright: Tombei

土曜日なので誰も居ないかと思っていましたが、休日返上で改造が進められていました。現在のところ、改造はフォアビームと左右アマの接合部、及びセンターハルのスターン部で実施されています。

左右アマの改造は、バラスト機構の追加でしょうか?

Img_0300b_2

Photo copyright: Tombei

注目されるのが、センターハルのスターン部分の改造です。ちなみに、エンジン搭載と共に撤去がウワサされるグラインダーは、今のところ健在です。

Img_0292b

Photo copyright: Tombei

果たして、ここに「アリンギ5」同様エンジンがつくのか、或いは水線長の定義について問題となっているラダーのマウント方式が変更されるのか・・・

Img_0297b

Photo copyright: Tombei

ともかく、法廷闘争の一方で対戦の準備は着々と進んでいるようです。

なんのことはないのですが、実は今日ふらりとオラクルのベースへ向かったのは、新しく買ったこのカメラ&レンズの実力を試したかったからでした

Img_3391b

---------------------------

またもや、おまけです。

Scuttleblogで紹介されていた映像ですが、えらいことになっています。皆さん気をつけましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« 正義はどこに? アメリカスカップは再び法廷対決へ | トップページ | 第33回アメリカスカップ 計測手順書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BOR 90 の改造を見てきた:

« 正義はどこに? アメリカスカップは再び法廷対決へ | トップページ | 第33回アメリカスカップ 計測手順書 »