« ISAFとアリンギの密約公開! | トップページ | 久しぶりにサンディエゴの海に出た。 »

2009年9月23日 (水)

NY州裁判所、BMWオラクルの訴えを認める!

8月10日ニューヨーク州最高裁判所で、現在のカップ保持者ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)と次回大会の挑戦者であるゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)が、挑戦艇「USA(= BOR 90)」の船舶登録証に関し対決したことは、以前お伝えしたとおりです。

このときSNGは贈与証書が「可及的速やかに」提出することを求めている挑戦艇の船舶登録証が、挑戦表明から2年も経って依然提出されていないことを理由にGGYCの失格を求めました。

これに対し、GGYCは同クラブに所属するBMWオラクルの大型トリマラン「BOR 90」が「USA」と改称され正式な挑戦艇となること、また「BOR 90」は依然開発途上にあり、各部寸法が確定していない為、船舶登録証は提出できないと主張しました。

ニューヨーク州最高裁判所のシャーリー・コーンライヒ判事は、米国時間9月22日この時の口頭弁論結果に対する裁判所指令を公示しました。

Alinghi: Court Order by Justice Shirley Kornreich

この裁判所指令においてコーンライヒ判事は、

  • 挑戦艇の船舶登録証は来年2月の対戦2週間前までに提出すれば良い。
  • ただし、このGGYCのスポーツマンシップに反する行動は、元来贈与証書が防衛者に認めていた優位を大きく損なうものである。

と述べています。

GGYCの行動はスポーツマンらしからぬと批判されていますが、とはいえこの判決は、一般にGGYCの勝利と受け止められているようです。

Sailworld.com: Supreme Court again rules in favour of Golden Gate

この決定に対し、SNG、GGYC双方が声明を発表しています。

Alinghi: SNG statement following the New York Court order of 18 September

GGYC: Custom House Registry: Court rules in favor of GGYC.

ともかく、これで船舶登録証に関する一件は落着したといえるでしょう。

|

« ISAFとアリンギの密約公開! | トップページ | 久しぶりにサンディエゴの海に出た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY州裁判所、BMWオラクルの訴えを認める!:

« ISAFとアリンギの密約公開! | トップページ | 久しぶりにサンディエゴの海に出た。 »