« ブラッド・バタワース、第33回アメリカスカップについて語る。 | トップページ | ライン7の経営再建方針決まる。 »

2009年10月16日 (金)

BMWオラクル、挑戦艇をサイボーグ化?

さてさて、10月27日に予定されているニューヨーク州最高裁での口頭弁論に向け、アリンギとBMWオラクルのプロパガンダ合戦はヒートアップする一方です。

現在のアメリカスカップ保持者であり、アリンギの所属母体であるソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)は、10月13日NY州最高裁のシャーリー・コーンライヒ判事に対し、SNGは次回アメリカスカップ開催地を自由に選択できると認められていること、またラアス・アル・ハイマ(RAK)の治安情勢には何ら問題がないことを述べた趣意書を提出しました。

さらにRAKの安全性を主張するため、元CIA高官やら、元米国第5艦隊司令官やらといったお歴々による意見書を山ほど添付すると言うオマケ付きです。

Alinghi: SNG and Ras Al Khaimah file papers against GGYC venue challenge

これに対し、次回対戦の挑戦者であり、BMWオラクルの所属母体であるゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)は、10月15日 RAK での開催を再考するよう促した書簡を SNG に対し送付しました。

こちらはこちらで、RAKが開催地として如何に相応しくないかという理由をウェブリンク付きで枚挙しています。

GGYC: GGYC-SNG Comite Central letter (RAK)

さらに上記書簡でGGYCは、ニュージーランドからカップを奪取して以降の5年間、SNGはアメリカスカップ保持者としての責務をろくに果たしていないと糾弾しており、今後改善が見られない場合は、SNGはカップ保持者として不適格であるとの訴えを新たにNY州最高裁へ起こすとしています。

ここまでくると、どっちもどっちですが、Sail Worldのグラドウェル記者は上記GGYCの書簡に関し、もしGGYCが新たな訴えをNY州最高裁へ起こし、さらにSNGが不適格であると認定された場合、贈与証書に基づいて次回アメリカスカップの開催運営は前保持者であるロイヤル・ニュージーランド・ヨット・スクォードロン(RNZYS)に委ねられ、さらにその場合アリンギとBMWオラクルの対戦は、RNZYSの運営の下、来年2月ニュージーランドのオークランドで開催されるであろうとしています。

Sail World: Gladwell's Line: New America's Cup legal slugfest signaled by GGYC

まぁ、とにかくこの果てしない大人のケンカ(子供以下のレベルかも)にはウンザリですが、あれほどハイテクを凝縮した防衛艇と挑戦艇の対戦を、まともな風すらない中東で開催するくらいなら、いっそSNGに不適格の烙印を押してもらって、是非オークランドで開催して欲しいという気もします。さて、この行方はどうなりますことやら・・・

一方で、挑戦艇「BOR 90」の改造は急ピッチで進められています。

サンディエゴ・コンベンションセンター裏の仮設ベースで改造作業が進められている「BOR 90」は、現地時間の10月13日未明それまで作業が行われていた大型テントから引き出され、ボートヤードに移されました。

まだ夜が明けないうちから進められた移動作業の様子が Youtube にアップされています。

その翌日10月14日に現地まで見に行ってきましたが、このようにセンターハルは完全にカバーされ、改造が進められていました。

Img_1603b

Photo Copyright: Kazenotayori

Img_1604b

Photo Copyright: Kazenotayori

BMWオラクルによると「BOR 90」にはエンジンが搭載され、グラインダーペダルが並んでいたコクピット部分は完全に姿を変えるということです。エンジンは当然BMW製で、この改造によってグラインダー担当クルー8名分 約800kgの軽量化が可能とされています。(ちなみに「アリンギ5」のエンジンはスノーモビル用の物を転用したといわれています。)

セーリングアナーキーを初めとする各セーリング関連サイトでは、この改造によって「BOR 90」はウィングセイルを搭載するのではないかとウワサされています。ウィングセイルに関しては、ハーバーウィングというシアトルの会社がこんな形態のトリマランを提案しており、「BOR 90」もこんな感じになるのではないかと・・・

http://www.harborwingtech.com/index.htm

Hwx31

Photo Copyright: Harbor Wing Technologies

セーリング情報サイト「ヨットパルス」は、このエンジン搭載によって、「BOR 90」はあたかもロボットのようになるのではないかとしています。題して「ロボジラ(ROBOzilla)」だそうです。

Yacht Pals: 33rd America's Cup Boat - ROBOzilla?

果たしてこのハイテク競争の行方や如何に??

----------------------

おまけです。

オラクルのベースを見ていたら、大型艦艇が通っていきました。これはタラワ級強襲揚陸艦ですね。

Img_1596b

Photo Copyright: Kazenotayori

これもサンディエゴの日常です。

|

« ブラッド・バタワース、第33回アメリカスカップについて語る。 | トップページ | ライン7の経営再建方針決まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMWオラクル、挑戦艇をサイボーグ化?:

« ブラッド・バタワース、第33回アメリカスカップについて語る。 | トップページ | ライン7の経営再建方針決まる。 »