« BMWオラクルの挑戦艇、再び姿を現す。 | トップページ | BMWオラクル、アリンギを再び訴える »

2009年10月26日 (月)

「BOR 90」はソフトセイルで再スタート

第33回アメリカスカップへの挑戦艇であるBMWオラクルの「BOR 90」は、サンディエゴ時間の10月25日夕方、再び海上へ戻されました。

昨日お伝えした準備作業の様子に加え、その下架作業の様子も写真に収めました。

特に注目されていたウィングセイルに関しては、今回新しいマストとブームが準備されており、どうやらひとまずソフトセイルでのテスト再開となる模様です。

Img_1978b

Photo Copyright: Kazenotayori

現地時間の午後4時頃ベース内に大型クレーンが搬入され、下架作業が開始されました。

Img_1999b

Photo Copyright: Kazenotayori

バランスを何度も調整し、非常にゆっくりとしたスピードでホイストされていきます。

Img_2006b

Photo Copyright: Kazenotayori

チーム関係者やその家族、さらには夕方のジョギングを楽しむ通行人達が見守る中、「BOR 90」は海へ降ろされていきます。

Img_2008b

Photo Copyright: Kazenotayori

ヴァカ側面に開いているのはエンジンへの吸気口と思われます。「BMW」の文字の左にある小さなパイプは何でしょう?エンジン排気管にしては小さすぎる気がします。

Img_2018b

Photo Copyright: Kazenotayori

Img_2033b

Photo Copyright: Kazenotayori

マストステップです。昨日もお伝えしたとおり、従来よりかなりフォアビーム寄りに前進しました。またピボットの位置も随分高くなりました。

Img_2035b

Photo Copyright: Kazenotayori

グラインディングペダルは姿を消し、ウィンチが残るのみというシンプルなデッキレイアウトとなりました。恐らく一番後ろにある大径ウィンチが動力付きと思われます。

Img_2036b

Photo Copyright: Kazenotayori

スターボード側のステアリングスタンドです。昨日もお伝えしたとおり、ステアリングは外されたままです。ステアリングシャフトはその色からみてチタン製でしょうか。いずれにしろ高価な材料が惜しげもなく使われています。

Img_2041b

Photo Copyright: Kazenotayori

こちらはポート側のステアリングスタンドです。アフトビーム上のマスキングテープは、ノンスリップコーティングのためでしょうか?

Img_2040b

Photo Copyright: Kazenotayori

スターボード側のアマです。アマのデッキ上には基本的に何もありません。

Img_2050b

Photo Copyright: Kazenotayori

ヴァカ上では引き続きマスト設置の準備が進められています。一方アマ側はハル磨き。

Img_2061b

Photo Copyright: Kazenotayori

注目されていたマストですが、ベースの北端に置かれていた真新しい第3のマストが立てられようとしていました。夜間照明等が準備され、夜を徹した作業となりそうな雰囲気でしたので、最後まで見届けることは諦めました。

Img_2070b

Photo Copyright: Kazenotayori

マストトップです。もちろん材質はカーボン。各所に貼られているのは単なる風見ではなくセンサーでしょう。

Img_2074b

Photo Copyright: Kazenotayori

ブームグースネックです。ジョイントに使用感があるので、この部分は以前のマストから移設されたと思われます。

Img_2056b

Photo Copyright: Kazenotayori

そしてブームです。向かって左側がマストに繋がる船首側です。

このマストとブームを見る限り、今回の改造後、まずはソフトセイルで帆走テストを再開することは間違いありません。ただし、マストステップの位置が大幅に船首側へ移動されていますので、セイル形状は大きく変わったものとなっているかもしれません。帆走再開が非常に楽しみです。

なお、今回も Sail World へこれらの写真を提供しましたので、こちらもご覧ください。

Sail World: America's Cup Spycam: Images of BOR90 - San Diego 25 October

|

« BMWオラクルの挑戦艇、再び姿を現す。 | トップページ | BMWオラクル、アリンギを再び訴える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「BOR 90」はソフトセイルで再スタート:

« BMWオラクルの挑戦艇、再び姿を現す。 | トップページ | BMWオラクル、アリンギを再び訴える »