« 来たくないなら来なくていい。ウチはよそとやる。- アリンギ | トップページ | アリンギ5、マストを大型化。 一方オラクルも・・・ »

2009年10月22日 (木)

ルイヴィトン・トロフィーの公式サイトオープン

Louis_vuitton_trophy_logo

ルイヴィトンとワールド・セーリング・チーム・アソシエーション(WSTA)によるACボートを使用したマッチレースサーキット「ルイヴィトン・トロフィー」の公式サイトがオープンしました。

Luis Vuitton Trophy & WSTA Official Website

先に当ブログでもお伝えしたとおり、この「ルイヴィトン・トロフィー」はルイヴィトンとチーム・ニュージーランドやBMWオラクルが中核となって結成されたワールド・セーリング・チーム・アソシエーションが共催する形で立ち上げられた新しいマッチレース・サーキットです。

公式サイトのオープンに合わせ、ルイヴィトンのブルーノ・トルブレとWSTAの連名で新たなプレスリリースが配信されています。

Luis Vuitton Trophy: Preparations Gather Pace for Luis Vuitton Trophy - Nice

概要は前回お伝えした内容とほぼ同じですが、アリンギからチーム・ジャーマニーへ移籍していたヨッヘン・シューマンが新たにスキッパーとしてK-チャレンジと合流することになったため、チームの名称が「オール・フォー・ワン(ALL4ONE)」に変わっています。

また、使用されるAC艇にも変更があり、BMWオラクルのUSA-76に代わってオール・フォー・ワンのFRA-93が使用されることになりました。その他のボートはマスカルツォーネのITA-90 & 99、そしてオリジンのGBR-75で変更ありません。(恐らくオラクルがUSA-76の準備に人手を割きたくなかったのでしょう。その結果 GBR-75 だけが IACCバージョン4 となりましたので、性能調整が必要ですね。)

しかし、本家アメリカスカップが超ハイテクマルチハルで動き出した今、先日お伝えしたブラッド・バタワースの言葉のように、本シリーズに対して今ひとつ気持ちが盛り上がらないというのがブログ主とんべえの本音です・・・

-------------

おまけ

少し前に XSRacing で紹介されていた「クルージングボートでの正しいフレンチトーストの作り方」です。

ノリノリです。

|

« 来たくないなら来なくていい。ウチはよそとやる。- アリンギ | トップページ | アリンギ5、マストを大型化。 一方オラクルも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルイヴィトン・トロフィーの公式サイトオープン:

« 来たくないなら来なくていい。ウチはよそとやる。- アリンギ | トップページ | アリンギ5、マストを大型化。 一方オラクルも・・・ »