« 一夜明けて - 「BOR 90」ディスマスト続報 | トップページ | 【速報】アリンギ、オーストラリアを第33回アメリカスカップ開催地として提案! »

2009年11月 5日 (木)

一方中東では - 「アリンギ5」の最新映像

サンディエゴのTV局 FOX 5 は、昨夜のニュースでもBMWオラクルの挑戦艇「BOR 90」のディスマストについて取り上げました。その模様は以下の通りです。

FOX 5 San Diego: Repairs Underway For Oracle

このレポートの中で特に目新しい話題はありませんでしたが、強いてあげるなら、30年に渡ってアメリカスカップの写真を撮り続けているというデニス・ウッディが着ていたセーリング・アナーキーTシャツくらいでしょうか

一方、中東ラアス・アル・ハイマ(RAK)でテストを続けるアリンギの防衛艇「アリンギ5」の最新映像が、アリンギによって YouTube へアップされています。

この映像の中で、エド・ベアードやダンカン・マクレーンが同乗するサポートボートから、アリンギ設計チームのダーク・クラマースが「アリンギ5」の開発状況について解説しています。

クラマースは、まずブローが入ったときの加速性やクルーワークについてテスト中だと述べています。また、新しいジブのスウィートスポットを探りつつ、リグに合った風域の確認を、RAKの軽風コンディションの下で続行中ということです。

開催地に関しては、バレンシアになろうが南半球になろうが、開催地のコンディションに合わせるだけとしています。

テストの進捗について、ジブシートが切れたり等、マイナートラブルが発生しつつも、特に怪我人もなく、様々なトリムやシーティングのコンビネーション、ニューセイル等を試し、レースへ向けて多くのことを学びつつある。さらにベースへ戻ってからも全員で45分程のブリーフィングを行って、その日の結果を検証すると共に翌日の課題を決定しているということです。

アリンギ、BMWオラクルの両チームとも、挫折や成功を重ねながら、いよいよ4ヵ月後に迫った対戦へ向け、着々と準備を進めています。

この最新テクノロジーを凝縮したハイテクマルチハルの対決がどうなるか、本当に楽しみとなってきました。

|

« 一夜明けて - 「BOR 90」ディスマスト続報 | トップページ | 【速報】アリンギ、オーストラリアを第33回アメリカスカップ開催地として提案! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一方中東では - 「アリンギ5」の最新映像:

« 一夜明けて - 「BOR 90」ディスマスト続報 | トップページ | 【速報】アリンギ、オーストラリアを第33回アメリカスカップ開催地として提案! »