« DoGzillaの休日 & アリンギはまだ中東を諦めていない | トップページ | NY州裁判所 GGYCの訴えを認める & 「BOR 90」最新情報 »

2009年11月17日 (火)

「BOR 90」のジャイブ オンボード映像

最近すっかり「BOR 90」の話題ばかりですが、アリンギ側からこれと言ったニュースが入ってこないので仕方ありません。

さて、地元TV局 FOX 5 により新しい「BOR 90」のオンボード映像が公開されました。残念ながらハードウィングセイルでの映像ではありませんが、中々興味深い映像ですので、ご紹介します。(埋め込み禁止となっているため、リンクを下に記します。)

FOX 5 San Diego: Sailing Aboard The BOR 90

これは、11月6日付の当ブログでもご紹介した映像(ソフトセイル用の新マストが折れた11月3日に撮影されたジャイブ準備の映像)からつながるものと思われます。

まずジャイブしてジェネーカーとメインが返った後、グイグイと加速する姿が圧巻です。例のエンジン音も鳴り響いています。

また、ジャイブに合わせヘルムを切ったジミー・スピットヒルがジョン・コステキにヘルムを預け、反対側のステアリングへ走る映像も映し出されています。

コステキに渡してから反対側のステアを握るまで、たっぷり10秒以上掛かっており、如何にでかいボートとはいえ、これでジャイビング/タッキング・デュエルができるのか、疑問に思えてきます。

実際、以前エド・ベアードも巨大マルチハル同士の対決の場合、両艇が絡むシーンは殆どないのではないかという主旨の発言をしていました。もしかすると、次回アメリカスカップはアメンボのようなボートが夫々勝手に走り回って終わり・・・というような対決になるのかもしれません。

ともかく、パワーウィンチでサクサクとシートを引き込む様子も含め、多くのことを教えてくれる映像です。

さて、この「BOR 90」はサンディエゴでもすっかり人気者で、今朝の地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」の一面を飾りました。

Img_4734b

この写真を見てお気づきになるかと思いますが、ウィングセイルの一番下のフラップが外されています。

これに関しては、セーリング・アナーキーのACフォーラムに詳しくレポートされていますが、どうやら何らかの構造的トラプルがあったようで、昨日突然海上でフラップの外皮を剥がし、内部を何やら確認した後、外されてしまいました。その後、今日アップされたポストによると、今日の夕方このフラップは再び取り付けられたようです。

やはり構造的に複雑で、このウィングを使いこなすのは、トラブルとの闘いとなりそうです。ソフトセイル用の新マストが既にサンディエゴへ向け出荷されているという情報も、同じくセーリング・アナーキーのACフォーラムに寄せられているので、一通りのテストを終えた後は再びソフトセイルに戻されるのかもしれませんね。

いずれにしろ、開催地がどこに決まるか次第でしょう。

|

« DoGzillaの休日 & アリンギはまだ中東を諦めていない | トップページ | NY州裁判所 GGYCの訴えを認める & 「BOR 90」最新情報 »

コメント

凄い加速ですね…。
エンジン音も…。

風が強くなり、ルール上限風域(15kt)で果たしてマッチレースになるのか興味深いところです。

タック、ジャイブ後に、あの距離を走っている間はどうなるの??? ヒールし始めたら??? と考えてしまいます。

サブヘルムスマンがちょいちょい必要となる艇ですね。

UP WINDはもちろんDOWN WINDのAWAも非常に狭い艇ですので、タッキングやジャイビングマッチといった展開にはならないはずです。

スピード勝負の1タック1ジャイブみたいなレース展開になってしまうと、スピード差があれば極めてつまらないレース展開になってしまいますね…。

どういったところが見どころになるのか楽しみです。


投稿: Yasu | 2009年11月18日 (水) 04時15分

Yasuさん、こんにちは。

そうですよね、お互いAWAが限られるボートですし、小回りもききませんから、乗り手としても接近戦は避けたいでしょうね。

また、ツーボートキャンペーンなら、ある程度マッチレースのシミュレーションもできるのでしょうが、今回どちらも1艇しかないので(さすがにこんなバケモンを2艇作る金も時間もない?)、双方とも"ぶっつけ本番"です。その意味でもリスクを避けた展開になるでしょう。

それでも一応マッチレースですから、ダイアルアップとは行かないまでも、スタート前の位置取り等々の駆け引きはあるでしょうし・・・

なんて考えると、一体どんなレースになるのか、楽しみですね。

投稿: とんべえ | 2009年11月19日 (木) 05時03分

ハードセールに比べると通常のセールの方がタックとかが楽なんじゃないでしょうか。個人的にはアリンギが積極的に仕掛けてくるんじゃないかなんて妄想してます。

投稿: | 2009年11月19日 (木) 12時10分

ハードセイルってどんな特性をもっているのか、全然見当がつかないので何とも分かりませんが、通常のソフトセイルよりAWAが狭そうに見えますよねぇ。

確かにアリンギにはバタワースがいますから、えげつない仕掛けをしてきそうですよね。そこらも楽しみです。

投稿: とんべえ | 2009年11月20日 (金) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「BOR 90」のジャイブ オンボード映像:

« DoGzillaの休日 & アリンギはまだ中東を諦めていない | トップページ | NY州裁判所 GGYCの訴えを認める & 「BOR 90」最新情報 »