« 「BOR 90」ハードセイルとアリンギ/オラクル直接交渉の続報 & ルイヴィトン・トロフィー・ニース 2日目 | トップページ | 第33回アメリカスカップ レース公示(NOR)発表 - 風速15ノット以上はノーレース! »

2009年11月10日 (火)

【速報】巨大な怪物出現!「BOR 90」のハードウィング現地レポート

今朝早朝からサンディエゴのBMWオラクルベースで行われた「BOR 90」のハードウィングセール導入作業の一部始終を、現地で見てきました。

とにかく想像を絶する大きさで、見た瞬間言葉を失います。まずは写真をご覧ください。恐るべき迫力です。

Img_2610b

Photo Copyright Kazenotayori

マストの移動も大型クレーン2台がかりでした。

Img_2616b

Photo Copyright Kazenotayori

慎重にピボットへ降ろしていきます。しかし、このサイズ!

Img_2651b

Photo Copyright Kazenotayori

クレーンがサポートしつつも、基本的に「BOR 90」搭載のパワーウィンチだけでマストを引き起こします。先日 YouTube のオンボード映像で聞かれたのと同じエンジン音が辺りに響いていました。

Img_2678b

Photo Copyright Kazenotayori

しかし、パフが入り始め、狭いハーバー内で係留したままでの作業を嫌ったのか、またマストを寝かし、ボートで押しながら「BOR 90」をハーバー入口まで移動します。

Img_2683b

Photo Copyright Kazenotayori

前回の改造時ピボットを高くしたのは、この厚みのあるウィング基部に対応するためだったのでしょう。

Img_2684b

Photo Copyright Kazenotayori

研ぎ澄まされたような輝きを見せるアマのアップです。

Img_2707b

Photo Copyright Kazenotayori

とにかくその厚みといい、長さといい、少なくとも旅客機の主翼では見たことのないサイズでした。

Img_2720b

Photo Copyright Kazenotayori

ハーバーの入口へ移動した後、アンカリングし、パワーウィンチを使用してマストアップが始まりました。

Img_2726b

Photo Copyright Kazenotayori

要はウィンドサーフィンのマストアップと同じですが、「エイヤ!」では立ちません。

Img_2734b

Photo Copyright Kazenotayori

パワーウィンチのエンジン音を響かせながら

Img_2745b 

Photo Copyright Kazenotayori

慎重に少しずつ立てられていきます。

Img_2749b

Photo Copyright Kazenotayori

そして、遂に史上最大のウィングマストが姿を現したのでした!

Img_2765b

Photo Copyright Kazenotayori

こうやって見ると「BOR 90」が小さいボートのようですが

Img_2766b

Photo Copyright Kazenotayori

アップで見るとこんなに大きなサイズです。

さて、この後「BOR 90」は、このままウィングセイルでの初航海に出ます。

サポートボートから報道陣、セーリングファン等(アリンギのスパイも)の乗り込む多くのボートを従えながら、ニミッツ級原子力空母等が停泊しているサンディエゴ湾内を(迷惑にも)縦横無尽に走り回る様が、地元TV局 FOX 5 のサイトで紹介されています。ちょっと早送りされているようで、かなりコミカルな感じです。

また、この歴史的な1日の一部始終は、BMWオラクルの公式映像として YouTube にアップされていますので、ご覧ください。

さて、この強烈なイベントにすっかり隠れてしまいましたが、今日はもうひとつ大きなニュースが入ってきました。

先週末をかけて行われたゴールデンゲート・ヨットクラブ/BMWオラクルとの直接交渉で、合意に達することが出来なかったアメリカスカップ保持者ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ/アリンギは、遂に来年2月バレンシアで次回アメリカスカップを開催することに同意しました。

Alinghi: Alinghi ready for 33rd America's Cup in Valencia in February 2010

2年半に渡り暗礁に乗り上げていたアメリカスカップは、遂に次回対戦へ向け本格的に動き出すことになりました。しかも、今度は史上初の超巨大マルチハル同士によるマッチレースです。(まさに4月5日付当ブログでお伝えしたマスカルツォーネ・ラティノ代表 ビンセンツォ親分の言葉どおりの展開となってきました

しかし、今日このモンスターボートを目の当たりにし興奮冷めやらぬブログ主とんべえは、アリンギが勝とうがオラクルが勝とうが、どっちでも良くなってきました。(あ、ルイヴィトン・トロフィーのことも完全に忘れてました

|

« 「BOR 90」ハードセイルとアリンギ/オラクル直接交渉の続報 & ルイヴィトン・トロフィー・ニース 2日目 | トップページ | 第33回アメリカスカップ レース公示(NOR)発表 - 風速15ノット以上はノーレース! »

コメント

いつも最新のニュースを有難うございます。
AC33を楽しみにしている人間の一人として、感謝申し上げます。

ここ数日の展開は、私もどきどきして、目を丸くしてみております。
貴ブログの写真もオリジナルだと思うのですが、1~2枚使わせていただいてよろしいでしょうか?

ビデオの映像も意外とすごいスピードが出ており、早送りだと勘違いするほどでした。
画期的ヨットと思います。新時代の幕開けですね。

投稿: dragon | 2009年11月10日 (火) 23時40分

dragonさん、こんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

いや、ホントにここ数週間の動きは速すぎて、私自身ついていくのがやっとという感じです。このまま加速度的にスピードを上げ、来年2月の対戦まで流れ込むのでしょうか?

ただ、FOX 5 の映像ですが、さすがに早送りだと思います。恐らくヒルトンホテルの屋上に設置されたライブカメラでの撮影ですので、コマ数の関係上早送りになっているのだと思います。

それから写真の件は、どうぞご自由にお使いください。ただ、マイミクでもある dragon さんが使われる分には一向に構わないのですが、知らない人に2次3次利用されるのも嬉しくしないので、一応 「Photo Copyright Kazenotayori」と言った感じでクレジットを記載していただければ幸いです。

ではでは。

投稿: とんべえ | 2009年11月11日 (水) 06時43分

ヒールしてるんでしょうが大き過ぎてそうは見えないですねぇ?!
この状態にさらにジブとかスピンとか張るんですよねぇ?
どんだけスピードがでるんでしょう?

投稿: YUTA | 2009年11月11日 (水) 08時52分

そうなんですよね、いわゆるヘッドセイルを張りそうな気もするんですが、今日サンディエゴ湾外で帆走している写真を見ても、その雰囲気がないんですよね。

1988年のアメリカスカップで闘ったカタマラン版「スターズ&ストライプス」もハードウィングセイルを装備していましたが、同時にジブを張っていました。

ハードウィングセイルというのがどういうものか、今ひとつわからないんですよね・・・

投稿: とんべえ | 2009年11月11日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【速報】巨大な怪物出現!「BOR 90」のハードウィング現地レポート:

« 「BOR 90」ハードセイルとアリンギ/オラクル直接交渉の続報 & ルイヴィトン・トロフィー・ニース 2日目 | トップページ | 第33回アメリカスカップ レース公示(NOR)発表 - 風速15ノット以上はノーレース! »