« ハイテク = ハイリスク&ハイコスト | トップページ | ウィングセイルの技術解説 »

2009年11月23日 (月)

限界までプッシュしろ!

まぁ、この映像をご覧ください。

もうひとつ。

(注記:「BOR 90」は通常サンディエゴからやや南下したメキシコ・ティファナ沖をテスト海域としています。)

最近思うのですが、ダーク・クラマースにしろ、グラント・シマーにしろ、エド・ベアードにしろ、アリンギ側の映像に出てくるのは、いい歳のオッサンばかりです。

これに対し、オラクル側はジェームス・スピットヒルにしろ、昨日の記事でご紹介したジョゼフ・オザンヌやディルク・デ・リダーにしろ、みんなとっても若い。(ジョン・コステキは別として

巨大ウィングセイルなんていう前代未聞のアイデアに挑戦し、それを限界までプッシュするエネルギーは、この若さと決して無関係ではないはずです。

この映像を見ながら下記インタビューを読み返すと、クーツの言いたかったことが何となくわかる気がします・・・というと、オラクルを贔屓しずぎでしょうか?

かぜのたより アメリカズカップ情報編: ラッセル・クーツ、BMWオラクルのマルチハルについて語る (2)

|

« ハイテク = ハイリスク&ハイコスト | トップページ | ウィングセイルの技術解説 »

コメント

うわぁ〜・・・で、いつこの怪鳥は空を飛ぶんでしょうか?
既にセールボートとは思えない・・

投稿: まなてぃ | 2009年11月23日 (月) 06時57分

ん~~!すご~ぃ!

重心が高そうでヒヤヒヤするのは私だけでしょうか?

投稿: YUTA | 2009年11月24日 (火) 07時24分

まなてぃさん、YUTAさん、こんにちは。

いやはや、ホントに飛び上がりそうですよね。

同時にもし波を受けたショックでバランスを崩したら・・・なんて思うとハラハラします。

いろんな意味で目が離せないです。

投稿: とんべえ | 2009年11月26日 (木) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限界までプッシュしろ!:

« ハイテク = ハイリスク&ハイコスト | トップページ | ウィングセイルの技術解説 »