« 【速報】第33回アメリカスカップ実況放送(無料ネット配信)決定! | トップページ | 【速報】 ニューヨーク州最高裁、2月8日の対戦開始を指示! »

2010年1月28日 (木)

BMWオラクルのハードウィングセイル、また壊れちゃった。

前回のアップから3日経ってしまいました。その間、個人的に忙しかったのもありますが、実はバレンシアの天候が4日間に渡り荒れ模様で、アリンギの防衛艇「アリンギ5」もBMWオラクルの挑戦艇「USA」も、ずっと上架されっぱなしだったため、これと言ったニュースがなかったのも理由でした。

その間、色々とコメントをいただいていましたが、お返事できず申し訳ありませんでした。去る1月23日付の記事で、BMWオラクルのクルーがイタリア語で答えたインタビュー内容に関し、「当ブログの読者でイタリア語がわかる方がおられましたら、是非アドバイスください!」とお願いしたところ、本当にイタリア在住のdaiichifukumaruさんから以下のコメントを頂戴しました。

---------------------------

いつも更新を心待ちにしているイタリア在住セイラーですが、内容はだいたいカバーできていると思います。

後は

誰がイタリア人が乗るのか?  
マテオと答えていた

セーラーというよりは技術者、宇宙飛行士にちかい?

この技術進歩は船を化け物にしているが、結局どちらの船も未知数の能力だし、どうなるかは終わるまで判らないのがレガータだし、セーラーの仕事のセオリーともいえる。

法廷や報道に対して、それぞれの解釈があるだろうと思うが、今に始まった勝負じゃなく3年もやってきたんだから海で決着を着けたい。

的なことを発言しているようです。

----------------------------   

ということで、たとえ勝敗の分かれ目が8ノットになろうとも、セーラーとして決着をつけたいと、オラクルのクルーは言っていたのが良くわかりました。

daiichifukumaruさん、ありがとうございました。本当にイタリアからコメントいただいて感激しています。また、御礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願いします。

また、いつもコメントいただいていますYUTAさんと、初めてコメントをいただいたアメリカスカップ好き者さんへのお返事は、改めてコメント欄にて差し上げますので、宜しくお願いします。

さて、荒れ模様の天候が4日間続いたバレンシアでしたが、今日1月28日(木)は朝から好転に恵まれたようです。ただし、午前中は風が弱すぎたため、アリンギ、BMWオラクルとも午後からの出艇となりました。

この4日ぶりの帆走再開に関し、両チームとも公式サイトにレポートをアップしています。

Alinghi: Alinghi crew resumes training

BMW ORACLE Racing: Thursday's sailing

この日のバレンシアの様子については、セーリング・アナーキーのACフォーラム、並びにバレンシア・セーリングに詳しくレポートされています。

セーリング・アナーキーのACフォーラムに投稿された情報によると、「アリンギ5」はこの日マストをRAKで使用していた一世代古いタイプへ換装した模様です。また、大型トレーラーが細長い何かをアリンギのテントに搬入しているのが目撃されたということです。("スイス製"のセイル??)

Vlc2d12_0586_2

Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing

一方BMWオラクルの「USA」ですが、バレンシア・セーリングによると"何か"が音を立てて壊れ即座に帆走を中止、ベースへ曳航されたということです。

Valencia Sailing: Meanwhile in Valencia... beautiful day but USA suffers breakage approaching the Committee boat

バレンシア・セーリングのピエール・オルファニディスは、この日第33回アメリカスカップのレース委員長を務めることになっているハロルド・ベネットと共にコミッティーボートに乗り、両モンスターマルチハルのトレーニングを見守りました。

風待ちの為の長いハーバー待機の後、最初に出艇したのは「USA」でした。僅か5.5ノットの風の下、既にセンターハルまで浮かせて軽快に走っていた「USA」でしたが、オルファニディスの乗るコミッティーボートの目の前で、何かが壊れたような大きな衝撃音がしたということです。外観から何が壊れたのかは確認できなかったということですが、大半のクルーがウィングを見上げるそのリアクションからして、何か重大なトラブルが発生したかに見えたそうです。結局「USA」はジェネーカを下ろし、ベースへ曳航されました。

その後、オルファニディスがチームに確認したところによると、トラブルは重大なものではなく、明日には帆走を再開するということでした。しかし、たとえ重大なトラブルではなかったとしても、レース中に起きていれば命取りです。

ハードウィングのトラブルと言うと、11月13日付の当ブログでもお伝えした、サンディエゴでの出来事が思い出されます。

かぜのたより アメリカズカップ情報編: BMWオラクルのハードウィングセイル、壊れちゃった。

その時の映像はこちらです。この時はフラップを固定しているヒンジが外れたようでした。

さて今回は一体何が壊れたのでしょうか?真相はともかく、クーツが時間稼ぎを図っているのも、こういったトラブルへの心配を拭い切れないからなのかもしれません。

さて、明日は何が待っているか目が離せません。

|

« 【速報】第33回アメリカスカップ実況放送(無料ネット配信)決定! | トップページ | 【速報】 ニューヨーク州最高裁、2月8日の対戦開始を指示! »

コメント

いつも詳細な情報をいただけるので楽しまさせていますが
私はさほどのコメントも出来ませんので気にしないで下さいねぇ。

それよりTwitterでアリンギ・BORそれぞれフォローしだしました(^O^)
明日はアリンギベースのオープンだとか。

投稿: YUTA | 2010年1月30日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMWオラクルのハードウィングセイル、また壊れちゃった。:

« 【速報】第33回アメリカスカップ実況放送(無料ネット配信)決定! | トップページ | 【速報】 ニューヨーク州最高裁、2月8日の対戦開始を指示! »