« 勝敗の分かれ目は8ノット | トップページ | BMWオラクルのハードウィングセイル、また壊れちゃった。 »

2010年1月25日 (月)

【速報】第33回アメリカスカップ実況放送(無料ネット配信)決定!

Logo33rd_2

BMWオラクルの挑戦艇「BOR 90」が「USA」へ改称したのに合わせ、当ブログも開設以来使ってきた水中デザインから浮上して、もっと明るいトーンにデザイン変更することにました。

さて、バレンシア時間の1月25日(月)長らく半放置状態であったアメリカスカップの公式サイトがリニューアルされると共に、2月8日から開催される第33回アメリカスカップの実況中継が史上初めて無料ネット配信されることが発表されました!

33rd America's Cup: Consorcio Valencia 2007 will organise the America's Cup on shore. For the first time, Racing will be broadcast Live on the internet

アメリカスカップの大会運営団体であるアメリカスカップ・マネジメント(ACM)が公式サイトに発表したところによると、現在のカップ保持者であるソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブ(SNG)は、2007年に開催された前回アメリカスカップのインフラ整備を担当したコンソルシオ・バレンシア2007に対し、第33回大会のメディア並びにイベント活動を委託することで同意したということです。

さらに両者は、2月8日から開催される予定の大会実況放送を、公式サイトを通じ史上初めて無料ネット配信することで合意したということです。

みなさん、やりました!これで世界中の何処にいても、今回の世紀の対戦をリアルタイムで観戦できることになりました!!

現地入りを最後まで迷っていた当ブログ主とんべえも、これで心置きなくバレンシアのホテルをキャンセルできるというものです。さぁ、みなさんご一緒に世紀の対戦を観戦しましょう!

☆追記: その後数ヶ所のサイトでネット配信がきまりました。最新情報は、2月6日付の記事にまとめなおしましたので、そちらをご覧ください。

さてさて、この週末も色々なニュースが入ってきました。

まず現地時間の1月23日(土)から24日(日)に掛けバレンシアは荒れ模様であったため、アリンギは微風仕様の防衛艇「アリンギ5」を早々に上架し、週末を整備にあてることとなりました。

Alinghi: Weather stops play in Valencia

一方のBMWオラクルは、23日挑戦艇「USA」で荒れ模様のバレンシア沖へ出艇、強風下でのテストを行いました。

BMW ORACLE Racing Blog: Saturday's sailing

Vlc210_0589

Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing

チームブログにアップされた情報によると、時折22ノットまで吹き上がるコンディション下、ウィングセイルを上げた「USA」は素晴らしいスピードで快走したようです。

メイントリマー、ディルク・デ・リダーのコメント:「ウィングを使ってのアップウィンドは素晴らしいよ。トリムがメチャ簡単だ。風が強くなればなるほど簡単だね。だって、トップを開いてやればいいからさ。ちょっと出してやればスイスイだよ。」

Vlc210_0645

Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing

「タックを数回した後、この風だと一番危ないべアウェイをしてみたんだ。マルチハルのスゲー写真を見ると、いつもベアウェイのときヤツだろ。でも、メチャキレイで簡単に行けたんだ。こりゃイイカンジだぜ!」

Vlc210_0703

Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing

「それからちょっとの間ウィングだけでダウンウィンドを走って、次にジブを上げようとしたんだけど、エンジンがおかしくなってパワーウィンチが使えなくなったんだ。それで今日はオシマイ。ダウンウィンドをずっと走って来れなかったのは残念だったけど、アップウィンドのいい練習になった。だから、今日のところは満足だよ。」

このエンジントラブルは電装系にちょっとした問題があったためということです。パワーウィンチを搭載した結果、逆にエンジンにトラブルが発生した場合、結構コワイことになりそうです。

Vlc210_0732

Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing

バウマン、シメオン・ティエンポンのコメント:「サンディエゴでも、もっと厳しいコンディションのときもあったけど、大体はチョッピーで風も弱いことが多かったね。でも今日はメチャメチャ速かったし、メチャ気持ちよかったよ!」

このモンスタートリマランにとっては、かなり強風域となるコンディションにも関わらず、「USA」は非常に安定した走りを見せたようです。写真から見るとおり、このコンディションの場合、逆に片ハルを浮かさずハルをフラットに保ちながら帆走することが可能なようです。

結局のところ、コンベンショナルなソフトセイルは、メインシート、バング、アウトホール、ハリヤード、カニンガム等々といったコントロールシートを使って、要は布切れの隅っこを引っ張りながら調整するわけです。

これに対し、このハードウィングセイルの場合、先日ラッセル・クーツが語っていたとおり、9枚のフラップを操ることによって、そのポイント毎に直接トリムが可能であり、ヒールモーメントも自在にコントロールできるということでしょう。(上から2番目と一番下の写真を見ると、トップのフラップを開いている様子がよくわかります。)

ウィングセイルは想像以上の大きな可能性を秘めているのかも知れません。

さて、今日はニュースをもうひとつ。第33回アメリカスカップのアンパイア陣が、ISAFから発表されました。

ISAF: ISAF Announces Umpire Team For The 33rd America's Cup Match

今回発表されたのは、以下の4名です。ソシエテ・ノーティーク・ドゥ・ジュネーブの意向に従い、対戦当事国であるスイス並びに米国からは1名も選出されていません。

Bill Edgerton (Great Britain), Chief Umpire

Gerard Bosse (France)

John Standley (Australia)

Roger Wood (New Zealand)

|

« 勝敗の分かれ目は8ノット | トップページ | BMWオラクルのハードウィングセイル、また壊れちゃった。 »

コメント

御無沙汰してます。
スローシャッターの写真だとさらにスピード感が増しますねぇ。

いやぁネット配信は楽しみです。8日はスーパーボールもありますしねぇ。

投稿: YUTA | 2010年1月26日 (火) 08時23分

こんにちは、あなたのHPを時々、読んでいます。パース、オークランド、バレンシア、と観覧してきましたヨットマンです、PC2年目の初心者です、ブログであなたの掲載している写真、内容を載せたりするときは、どのようにしたらよいか、お教えください、新参者です、宜しくお願いします。

投稿: アメリカスカップ好き者 | 2010年1月26日 (火) 23時17分

>YUTAさん

コメントメチャメチャ遅くなってごめんなさn!
そうですよね、普通ヨットの写真って波しぶきを強調するためシャッタースピードの速いショットが多いんですけど、スローシャッターもカッコ良いですね。
さっすがプロです。

2/8は米国時間だと未明になるので、結構キツイです。
バレンシア時間朝10時だと、日本のほうが丁度いい時間ですね!
とにかく来週です!

投稿: とんべえ | 2010年2月 2日 (火) 03時43分

>アメリカスカップ好き者さん

お返事遅くなりました。

まず、写真のクレジットで"Photo Copyright: Kazenotayori"と入っている写真は、私自身が撮影した写真です。また、こちらに関しては、あくまで私個人の私的所有物ですので、二次使用は友人(Mixiというサイトや当ブログを通じて友人となった方々)のみに限らせていただいています。従いまして、これらに関しては転載はお断りいたします。

"Photo Copyright: George Johns/Alinghi"或いは"Photo Copyright: Gilles Martin-Raget/BMW ORACLE Racing"と入っている写真は、下記アリンギ、BMWオラクル双方の公式サイトからダウンロードしたものです。

アリンギ、BMWオラクル両チームとも、「商業目的で使用しない」「写真撮影者のクレジットを必ず明記する」ことを条件に、各々の公式サイトのダウンロードコーナーから写真をダウンロードし、個人のサイトへ転用することを認めています。(ダウンロードコーナーのURLをこのコメントに記載しようとしたら、スパムとしてはじかれてしまったので、恐れ入りますがご自分でご確認ください)

従って、これら公式サイトからご自分でダウンロードし、必ず撮影者のクレジット(Photo Copyright: ********)を明記して、ご使用になられれば良いと思います。

なお、当ブログの記事の転載に関しまして、本来"ブログ"と言うものは、その人の"日記"です。従いまして、当ブログでも、海外ニュースサイトの記事を引用しながらも、必ず私自身の意見を盛り込むことにしています。

その意味で、当ブログはあくまで私個人の"日記"であり、決してニュースサイトではありません。内容も私の偏ったフィルターを通した情報が記載されているだけで、決して中立な立場での報道を保証するものではありません。

その為、当ブログにおいて海外のニュース等を引用する場合は、必ずソース(元となった記事)を明記することにしています。従って、ご自分のサイトへ何かを記載される場合は、ソースをご覧になって、ご自分の言葉で綴られるべきであると思います。

また、もし(極めて主観的である)当ブログの記載内容を引用されるのであるならば、ソースとして当ブログを引用された旨を、あなたのブログに記していただければと思います。

投稿: とんべえ | 2010年2月 2日 (火) 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【速報】第33回アメリカスカップ実況放送(無料ネット配信)決定!:

« 勝敗の分かれ目は8ノット | トップページ | BMWオラクルのハードウィングセイル、また壊れちゃった。 »