« 安全は何のため? | トップページ | 第34回アメリカズカップ公式プログラムがスタート! »

2013年6月25日 (火)

闘いは再び法廷へ?

どうも、きな臭い話が出てきました。

地元サンフランシスコの報道によると、アメリカズカップ・レースマネジメント(ACRM)の大会委員長、イアン・マレーが提示した37項目の安全提言に対する協議が難航している件で、もしこのまま合意に至らない場合、再び裁定がニューヨーク州最高裁判所へ委ねられる可能性があるとのことです。

San Francisco Chronicle: America's Cup dispute could end up in court

この記事でイアン・マレーは、ISAFの国際ジュリー団を交えた4日間の調停協議の結果、「争点はフォイルについたエレベータ(昇降舵)の扱いに絞られてきた」と語っています。

消息筋が San Francisco Chronicle 紙に語ったところによると、チーム・ニュージーランドとルナロッサは、オラクルとアルテミスの使用しているフォイルに装備されているエレベータがルール違反であると主張しているとのことです。

具体的には、オラクルとアルテミスのエレベータに装備されているエルロンが問題視されており、これを持たないニュージーとルナロッサが態度を硬化させている模様です。

ニューヨークを拠点として活動する弁護士であり、アリンギとオラクルが激しい法廷闘争を繰り返した際、詳細な解説(←当ブログでも引用させていただきました)を Scuttlebutt に寄稿してくれたコリー・E・フリードマン氏は、「この国際ジュリーによる調停に不服のあるチームが、オラクルとアリンギの法廷闘争と同様、アメリカズカップの法的管掌者であるニューヨーク州最高裁判所へ提訴する可能性は極めて高い」と語っています。

ルイヴィトンカップの開催を来週に控え、果たしてどうなることか…

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

|

« 安全は何のため? | トップページ | 第34回アメリカズカップ公式プログラムがスタート! »

コメント

はじめまして。
「HIRO CREW'S BLOG」というヨットのBLOGを書いているHIROと申します。
いよいよLOUIS VUITTON CP~AMERICA'S CAPがはじまりますね。

アメリカから日本語でAMERICA'S CUPの情報をUPしていただけるとは、非常に楽しみにしてます。私のBLOGでも、紹介させていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: HIRO | 2013年7月 3日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘いは再び法廷へ?:

« 安全は何のため? | トップページ | 第34回アメリカズカップ公式プログラムがスタート! »