« 2013年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2013年9月の記事

2013年9月25日 (水)

第34回アメリカズカップはオラクル・チームUSAの勝利!

いやぁ終わってしまいました。最後はオラクルの圧勝でした。あと1敗もできない瀬戸際1対8からの8連勝。こんなの見たことないです。

早々に王手をかけながら、あと1勝ができなかったニュージーランドにとっては、勝利目前でノーレースになった第13レースが悔やんでも悔やみきれない結果となってしまいました。風の神様はいつも気まぐれです。

とにかく160年に渡るカップ史上でも稀に見る接戦となった第34回大会は終わりました。この先アメリカズカップはどうなるのか?我々になにができるのか?新しいスタートの始まりです。

おめでとう、オラクル・チーム USA!

Rp_ac34sepd24_8467

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

勝利の女神はどっちに微笑むか?

ルイヴィトンカップを通じて ETNZ が完璧かつ圧倒的な強さをみせたとき、そして、そのままの勢いで OTUSA を圧倒つつあったとき、誰がこの展開を想像できたでしょうか?

ETNZ が王手をかけた後、OTUSA は脅威の7連勝で巻き返し、勝負はついに第19レースに持ち込まれることとなりました。

泣いても笑っても、明日が最後。間違いなくアメリカズカップの歴史に残る両者の闘い、勝利の女神はどちらに微笑むか?

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

サンフランシスコへやってきました。

このところ本業が忙しく、中々記事の更新ができないうちにルイヴィトンカップも終了し、アメリカズカップもエミレーツ・チーム・ニュージーランドがマジック3に迫るところまで来てしまいました。

そんな中、ブログ主とんべえはようやくサンフランシスコへやって来ました。

早朝便で到着し、渋滞に巻き込まれながらも、何とかニュージーランドとオラクルの出艇に間に合いました。

Img_5186b_9

はじめて見るAC72は、前回BMWオラクルがカップ奪取のため建造した90フィートトリマラン"USA"よりふた回りほど小さい印象を受けます。そのAC72が、いまやあのモンスターより速いスピードで走っているので、技術の進歩には驚くばかりです。

両チームの出艇を見守った後、とんべえも海に出ました。

Img_5190b_2

最近中々チャンスがなく、海に出るのは久し振りですが、やはりレース海面に来るとワクワクしますね。ちなみにこれはゴールゲートです。

当初は曇っていましたが、次第にカリフォルニアらしい青空が広がり、風も上がってきました。

今回は下ゲート付近で待機していたため、スタート前のマニューバリングで何が起きているのか、イマイチよくわかりません。

Img_5195b_3

しかし、ひとたびレースがスタートすると、あっという間に近づいてきます。

Img_5203b_2

そして、 豪快に滑空しながらマークを回航していきます。

その迫力とスピードは、もはや"マシーン"と呼ぶにふさわしい。

Img_5234b_2

そして、今日のハイライトはなんと言ってもこれでしょう。

このときニュージーランドが転覆しかける姿は、下ゲートからもはっきりと見え、ボート中から大きな声が上がると同時に、アルテミスの悪夢が頭を過ぎりました。

しかしキウィたちは、あの体勢から何とか持ちこたえ、レースに復帰します。

結果、オラクルが先にゴールイン。ただしスタート前のペナルティが響きノーポイント。ニュージーランドにポイントがつくことだけは阻止した形となりました。

そのまま徐々に風が上がり、今日の2レース目は途中でキャンセル。しかし、初めて目にするAC72のド迫力に、すっかり参った初日でした。

以上、取り急ぎ今日は簡単な見学日記でご勘弁を。

おまけ:オラクルマークのお洒落なベネトーのボートが走っているので、

Img_5248b_3

よく見てみたら、エリソンさんじゃあ~りませんか。

Img_5249b_3

以上、おしまい!

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年11月 »