« 6番目の挑戦者、発表間近か? | トップページ | It's all about money. »

2014年11月 5日 (水)

スピットヒルがセーラー・オブ・ザ・イヤーに

オラクル・チームUSAのスキッパー、ジェームス・スピットヒルが 国際セーリング連盟(ISAF)の選ぶセーラー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

ISAF: 2014 ISAF Rolex World Sailors Of The Year Announced

今回の受賞は、昨年奇跡の大逆転を果たした前回アメリカズカップの勝利に対してのものです。

スピットヒルのコメント: 「こんな素晴らしいみなさんと一緒に候補者に選ばれるだけでも恐縮なのに、僕が受賞するなんてちょっと申し訳ない気がします。この賞は個人に送られるもののようだけど、僕の場合正確には当てはまらないと思います。サンフランシスコ湾で起きたのは、信じられようなチームの努力の結果であり、僕はその一員であったに過ぎないんです。だから、僕は素晴らしいチームであるオラクル・チームUSAを代表して、この賞をいただくことにします」

14_wsoy_winners_360_rdax_80
Photo Copyright: ISAF

正直「あれ?今頃?」という気もしますが、昨年は大会直後だったということもあり、選考対象から外れてしまったんでしょうね。

最近のベン・エインズリの精力的な活動を見ていても、やはりセーリングの世界では、アメリカズカップはオリンピックの先にあるもの、オリンピックメダリストたちがその先の究極の目標として目指すものなんだなぁ…とあらためて思います。

ともかく、おめでとう、ジミー!

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

|

« 6番目の挑戦者、発表間近か? | トップページ | It's all about money. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピットヒルがセーラー・オブ・ザ・イヤーに:

« 6番目の挑戦者、発表間近か? | トップページ | It's all about money. »