« なぜラリー・エリソンはアメリカズカップにこだわるのか?(2) | トップページ | 突然のルール変更 »

2015年3月 4日 (水)

新生ニッポン挑戦作戦 発動!

前回の更新から少し間が空いてしまいました。その間、次回アメリカズカップの開催地発表、ニュージーランドのスキッパー、ディーン・バーカーのチーム離脱と、色々なニュースがありました。

しかし、我々日本人にとっての最大の関心事は、ウワサされる”第6の挑戦者”がどうなっているのか…では?

その真相が3月5日発売の Kazi 誌4月号に掲載されています。

http://www.kazi.co.jp/marine/kazi/2015/kz201504.html

詳細は西村一広さんによる記事をご覧頂くとして、とにかく

  • 日本がアメリカズカップに再挑戦することは、まったくの夢物語ではない!

のです。

そこで、まず第1ステップとして「ニッポンのユースアメリカズカップ参戦を真剣に考える」の活動を開始します。

前回サンフランシスコでのアメリカズカップは、フォイリングというセーリングの新しい可能性を示した画期的なイベントでした。以来、世界は新しい方向へ向けて着実に動きつつあります。我々だけが、とり残されるわけにはいきません。

Gmr_ac34sepd18_3830
©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

そのために、まずこの↓フィールドへ日本チームを送りましょう!

Gmr_ac34sepd1_0347

©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

世界が待ってるぜ!

Gmr_ac34augd7_5402

©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

|

« なぜラリー・エリソンはアメリカズカップにこだわるのか?(2) | トップページ | 突然のルール変更 »

コメント

ご無沙汰しています。

America'sCupホームページのチーム名に一時期Japanの文字があったのですがデザイン変わってから見なくなり・・・。

でも、チャレンジするんですね!(^^)
いややっぱり世界の舞台に上がらないといけません。
応援してます!

投稿: YutakaKoyama | 2015年3月 4日 (水) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生ニッポン挑戦作戦 発動!:

« なぜラリー・エリソンはアメリカズカップにこだわるのか?(2) | トップページ | 突然のルール変更 »