カテゴリー「ニッポンチャレンジ再び!」の記事

2015年4月30日 (木)

ソフトバンク・チーム・ジャパン誕生

日本時間の4月30日ソフトバンクの本社において、ソフトバンク・チーム・ジャパンが結成され、第35回アメリカズカップへ挑戦することが発表されました。

ソフトバンク: 「ソフトバンク・チーム・ジャパン」として 「アメリカズカップ」挑戦を表明

Ac_tjapan_1200pxb
© ACEA

ニッポンチャレンジのメンバーであり、その後BMWオラクルを初め、世界のトップチームで活躍してきた早福和彦さんが「総監督」に就任。

挑戦の母体となるのは、新西宮ヨットハーバーに拠点をおく関西ヨットクラブです。

チーム体制の詳細は、これから明らかになる予定です。

これに合わせ、ACEAのコマーシャル・コミッショナーであるハーヴェイ・シラーも以下のコメントを発表しています。

ACEA: SOFTBANK TEAM JAPAN ANNOUNCES CHALLENGE FOR 2017 AMERICA’S CUP

「ソフトバンク・チーム・ジャパンの参戦はアメリカズカップにとっても非常にプラスになる。日本からの挑戦はアジア地域におけるアメリカズカップへの注目度をアップすることになり、これは全参加チームやスポンサーたちにとっても喜ばしいニュースだ」

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

アメリカズカップは嵐の中

ACEAが突然提案したレース艇の小型化と、それに反対するルナロッサの撤退、さらに続くゴタゴタについては、3月28日4月4日4月6日4月21日の当ブログでお伝えしたとおりです。

このゴタゴタの発端となったレース艇の小型化、およびウワサされる日本チームについてのヒントが、4月19日付のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)に掲載されています。

The New York Times: Familiar Shoals for America's Cup: A Spat Over Rules

この記事は、様々な関係者のインタビューを通じ今回の騒動を検証しており、中々興味深い内容となっています。

まず最初に、2003年、2007年と2度に渡りカップに勝利したアリンギ(スイス)のオーナー、エルネスト・ベルタレリが、今回の騒動について語っています。

4334522379_6c75a45860_b
アリンギのオーナー、エルネスト・ベルタレリ © Guido Trombetta / Alinghi

「世界中のみなさんに理解しておいてほしいのは、私がアメリカズカップに出るのを止めたのは、ルナロッサが撤退したのは、そしてニュージーランドがチーム存続の危機にあるのは、全てオラクルの連中がスポーツマンらしからぬ行動をとるからなんだ。スポーツというものは、独立した審判の下、公平なルールがつくられて初めて成立するものなのだから」

えーっと、2007年大会からの2年半に渡るゴタゴタを覚えている人からすると、この発言は殆どジョークですが、ともかくスイスの大富豪ベルタレリさんは、今回突然AC62のクラスルールが破棄されたことにより、友人であるプラダのパトリッツィオ・ベルテッリが2600万ドルをどぶに捨てることになったと語っています。

一方、かつてルナロッサのヘルムスを務めたこともあるオラクルのジェームス・スピットヒルは、ベルテッリを気遣いながらも、今回の変更は必要なものであったと主張しています。

「僕らはアメリカズカップの将来を真剣に考えなければならない。前回、前々回の大会では、大型のマルチハル艇が如何に迫力あるものかが証明されたけど、あれをずっと続けるわけには行かない。僕らは新しいチームを呼び込まなければならない。そのためには、今ここでボートの仕様を固めなければならないんだ」

ベン・エインズリも「今回の変更は必要であった」「参加チームの多数決で承認されたことにより、その手順についても問題はなかった」とコメントしています。ただし、アメリカズカップの憲法『贈与証書』によれば、『ルール変更は防衛者(オラクル)と挑戦者代表(ルナロッサ)との相互の同意が必要』とされているのを、今大会のプロトコルにおいて『参加チームの多数決で変更可能』とルナロッサ自身が変更していたことは皮肉であるとも語っています。

今回のルナロッサの撤退について、ラッセル・クーツは以下のように語っています。

Dubailvtd15_4506b
ラッセル・クーツ © Gilles Martin-Raget / ACEA

「そりゃ、もちろんルナロッサには居てほしいよ。だが、ボートを小型化することによって、間違いなく新しいチームが参入してくることになる。私にいえるのは、日本からのチームがやって来るということだ。そして、そのチームのオーナーが誰かがわかったとき、それがルナロッサより大きいのか、それとも小さいのかということが議論の的になるだろうさ」

また、今回のボートの小型化に関し、クーツはラリー・エリソンの意向でもあることを語っています。エリソンは以前のように自らヨットに乗り込むことはなくなりましたが、クーツによれば、依然深く関与しており、AC45改によるフォイリング映像を送った直後、エリソンから電話があったということです。

「彼(エリソン)は依然イベントの方針決定に深く関与している。彼に動画のリンクを送ったら、数分も経たずに電話がかかってきて『これでアメリカズカップをやればいいじゃないか』と言われたんだ。私も全く同じ意見だったけどね」

クーツによると、前回2013年の大会ではどのチームも1億ドル以上の資金をつぎ込んでいたのが、今回のボートの小型化により3000万ドルまで圧縮できるとしています。

振り返ってみると、アリンギが開催した2007年大会では11の挑戦チームがありましたが、前回大会で最後まで残った挑戦チームは3チームのみ。

そのため、今回ACEAのCEOという肩書きをもつクーツとしては、とにかく参加チームを増やしたいということなのでしょう。しかし、最初に名乗りをあげたオーストラリアのハミルトン島ヨットクラブに続いて、今回のルナロッサと挑戦者が次々と撤退し、今大会も現在挑戦チームは4チームだけ。

さらに、非課税というインセンティブに乗ってバミューダ開催を決めた結果、アメリカのセーリング界からは白けた目でみられ、また、自国政府に投資効果を疑問視されはじめたチーム・ニュージーランドも存亡の危機ある・・・という状況です。

ニューヨーク・タイムズも『アメリカズカップは嵐の真っ只中にあり、最後にどれだけの有力チームが残っているかは疑問である』という言葉で記事を締めくくっています。

前途多難ですが、是非頑張ってほしいものです。

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

Japan to launch team to challenge Oracle!

英国の Independent 紙 (電子版) が日本の挑戦について伝えています。

The Independent: Japan to launch team to challenge Oracle

Ac34sfo1d1_0861horiz_1
© Gilles Martin-Raget / ACEA

この記事の要点をお伝えすると

  • チームのヘッド(スキッパー)は日本人。
  • 元チーム・ニュージーランドのディーン・バーカーも加入。
  • メインスポンサーはソフトバンク。
  • 挑戦の母体となるヨットクラブは関西ヨットクラブ。
  • ボートの開発には、防衛者であるオラクルの支援を受ける。
  • 挑戦の調印式にはラッセル・クーツに加え、孫正義氏、ラリー・エリソンも出席。
  • 5月にポーツマスで予定されているイベントに、この新生日本チームが出場するかどうかは不明。

Is this the real life?

Is this just fantasy?

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

新生ニッポン挑戦作戦 発動!

前回の更新から少し間が空いてしまいました。その間、次回アメリカズカップの開催地発表、ニュージーランドのスキッパー、ディーン・バーカーのチーム離脱と、色々なニュースがありました。

しかし、我々日本人にとっての最大の関心事は、ウワサされる”第6の挑戦者”がどうなっているのか…では?

その真相が3月5日発売の Kazi 誌4月号に掲載されています。

http://www.kazi.co.jp/marine/kazi/2015/kz201504.html

詳細は西村一広さんによる記事をご覧頂くとして、とにかく

  • 日本がアメリカズカップに再挑戦することは、まったくの夢物語ではない!

のです。

そこで、まず第1ステップとして「ニッポンのユースアメリカズカップ参戦を真剣に考える」の活動を開始します。

前回サンフランシスコでのアメリカズカップは、フォイリングというセーリングの新しい可能性を示した画期的なイベントでした。以来、世界は新しい方向へ向けて着実に動きつつあります。我々だけが、とり残されるわけにはいきません。

Gmr_ac34sepd18_3830
©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

そのために、まずこの↓フィールドへ日本チームを送りましょう!

Gmr_ac34sepd1_0347

©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

世界が待ってるぜ!

Gmr_ac34augd7_5402

©ACEA/Photo Gilles Martin-Raget

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

2017年アメリカズカップ開催地はバミューダに決定!そして第6の挑戦者は・・・

AP通信によると、アメリカズカップの大会運営組織アメリカズカップ・イベントオーソリティ(ACEA)は、2017年に予定されている次回大会の開催地にバミューダを選んだということです。

AP Source: Bermuda to Host 2017 America's Cup

M255_bermuda_2

© ACEA

ACEAは現地時間の12月2日ニューヨークにおいて正式な記者会見を予定しているため、APの取材に対しラリー・エリソンとラッセル・クーツ、さらにサンディエゴ、バミューダ双方の関係者も、現時点では一切のコメントを拒否しています。

APの解説によると、バミューダの税制優遇が決め手となった一方で、多くの挑戦者チーム、特にバミューダの選択がチームの資金源であるニュージーランド政府や大口スポンサーにとって余りメリットのないチーム・ニュージーランドには、大きな打撃になるだろうとしています。

なお、APの取材に対しラッセル・クーツは、近く発表される第6の挑戦チームはアジアからの参戦になるであろうことを示唆しています。

Ldnsep14_1547
© ACEA / Photo Gilles Martin-Raget

この中に加わるのは?

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

6番目の挑戦者、発表間近か?

2017年に開催される次回アメリカズカップには、現在以下の6チームがエントリーを表明しています。

オラクル・チームUSA <米国:防衛者>

アルテミス・レーシング <スウェーデン>

ベン・エインズリ・レーシング <イギリス>

エミレーツ・チーム・ニュージーランド <ニュージーランド>

ルナロッサ・チャレンジ <イタリア>

チーム・フランス <フランス>

これに対し、イギリスの Independent 紙が近く6番目の挑戦者が発表されると報道しました。

The Independent: Sixth challenger expected to be announced as Portsmouth expects to stage first of the ACWS regattas

エントリーは今年の8月に一旦打ち切られていましたが、大会のルールであるプロトコル(大会議定書)には、レートエントリーも認めるとされていました。

だれがこの銀杯に挑戦するのか、発表を待ちましょう!

Img_6528b

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

第35回アメリカズカップの開催地は何処に?

2017年に予定されている次回アメリカズカップの開催地ですが、現在米国サンディエゴか英領バミューダ諸島の2ヶ所に候補地が絞られています。

当初は前回大会の開催地で、現在のカップ保有者であるゴールデンゲート・ヨットクラブ(GGYC)のお膝元サンフランシスコに加え、ニューポート、シカゴ、そしてサンディエゴとバミューダが候補に挙がっていましたが、早々にサンフランシスコとニューポートが脱落。その後、シカゴとハワイも落選し、現在2候補が残っている状態です。

35th America's Cup: Bermuda and San Diego shortlisted as America's Cup venues

大会オーガナイザであるアメリカズカップ・イベントオーソリティ(ACEA)は、年内に次回開催地を発表するとしています。

さて、現在候補に挙がっているサンディエゴとバミューダですが、次回大会にエントリを表明しているアルテミスのサイトに、それぞれの開催地でのレーシングコース案が掲載されています。

Artemis Racing: Statement from the America's Cup Teams meeting

バミューダのコース案

M374_crop169014_1024x576_proportion

サンディエゴのコース案

M375_crop169014_1024x576_proportion

どちらも大衆の面前でレースを行う”スタジアム・セーリング”を念頭に置かれたものです。

確かに従来のヨットレースは、レースの展開や勝敗が一般の人にはわかりにくいものでした。そのため、2013年に開催された前回のアメリカズカップでは、サンフランシスコのダウンタウンの目前にレースコースが設定され、さらにITを駆使したヴィジュアル化によって、レース展開をわかりやすくしていました。

今回のコース案は、そのアイデアを踏襲したものになっています。

しかし、かつてサンディエゴの住人であったブログ主とんべえにとって、バミューダのことはよくわかりませんが、サンディエゴの案はちょっといただけない気がしています。

まず、サンディエゴ湾内は大衆の面前でレースをするにはよいとしても、風が弱い。前回のようなダイナミックなフォイリングが期待できるのか? さらにシェルター島とコロナド島との間の海域が狭過ぎます。AC45ならともかく、AC62には明らかに狭いでしょう。

とはいえ、サンディエゴは良いところです。積極的に誘致を行っているサンディエゴによって作成されたこのビデオを見てください。

うーん、やっぱりサンディエゴがいいな。

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

第34回アメリカズカップはオラクル・チームUSAの勝利!

いやぁ終わってしまいました。最後はオラクルの圧勝でした。あと1敗もできない瀬戸際1対8からの8連勝。こんなの見たことないです。

早々に王手をかけながら、あと1勝ができなかったニュージーランドにとっては、勝利目前でノーレースになった第13レースが悔やんでも悔やみきれない結果となってしまいました。風の神様はいつも気まぐれです。

とにかく160年に渡るカップ史上でも稀に見る接戦となった第34回大会は終わりました。この先アメリカズカップはどうなるのか?我々になにができるのか?新しいスタートの始まりです。

おめでとう、オラクル・チーム USA!

Rp_ac34sepd24_8467

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

勝利の女神はどっちに微笑むか?

ルイヴィトンカップを通じて ETNZ が完璧かつ圧倒的な強さをみせたとき、そして、そのままの勢いで OTUSA を圧倒つつあったとき、誰がこの展開を想像できたでしょうか?

ETNZ が王手をかけた後、OTUSA は脅威の7連勝で巻き返し、勝負はついに第19レースに持ち込まれることとなりました。

泣いても笑っても、明日が最後。間違いなくアメリカズカップの歴史に残る両者の闘い、勝利の女神はどちらに微笑むか?

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

パナソニックがアメリカズカップの公式スポンサーに!

パナソニックが第34回アメリカズカップの公式スポンサーに加わりました。

America's Cup: Panasonic to enhance fan experience as Official Supplier to the America's Cup

北米パナソニックはサンフランシスコ・ベイフロントに設営されたアメリカズカップパークとアメリカズカップビレッジに、5基の大型LEDビジョンと85台の薄型TVを提供し、現場の雰囲気を盛り上げるのに一役買うのだそうです。

チーム・ニュージーランドに対するトヨタ、オラクルに対するヤンマーに続く日系企業のアメリカズカップ進出。ヤンマー以外は現地法人とはいえ、日本企業もアメリカズカップを忘れていない証拠と前向きにとらえて、是非ニッポンの再挑戦へ前進したいですね!

--------------------------------------------

JSAFアメリカズカップ委員会は日本のアメリカズカップ再挑戦へ向けて活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧